Archive for 3月, 2009

カレーは足りて

2009年3月18日

日曜日の野宿者支援にカレー作りから食事の配膳まで担当した人に会った。この日のカレーは「いままで食べたなかで一番おいしかった」と味には満足していただけたようである。寸胴一つ,大鍋ふたつで作ったざっと100人分のカレーはお代 […]

Posted in 日記 | No Comments »

100人分のカレー

2009年3月16日

土曜日,日曜日と明日提出期限となっている準備書面2通を完成させた。いずれの事件も依頼者は怒っている事件だ。そしてその怒りは,共有できる。相手の主張はどうしても納得がいかない。しかし,その怒りをどのようにして法的主張にまと […]

Posted in 日記 | No Comments »

裁くのではなく,疑いのない立証の存否を

2009年3月14日

昨日のNHKの推理番組で裁判員裁判について大切なことがテーマとされていた。とはいうものの,私は少しだけみて眠ってしまっていて,妻から肝心の部分については解説してもらったものである。ある高校で裁判員裁判の模擬裁判がなされた […]

Posted in 日記 | No Comments »

速記官

2009年3月13日

裁判員制度に合わせて,最高裁は膨大な経費をかけて音声認識システムをつくりあげ,デジタルデーターとして裁判員の評議に利用する計画を進めている。先ほど東京地裁でその利用のお披露目があったようであり,それをみてきた弁護士のレポ […]

Posted in 日記 | No Comments »

花粉症景気?

2009年3月12日

被疑者援助制度を使い,被疑者の段階から弁護人につき,起訴されてからも国選弁護人として関与した覚醒剤事犯の判決があった。執行猶予中で別の刑事裁判を受けている間の新たな事件であり,「規範意識に著しく欠ける悪質である」との検察 […]

Posted in 日記 | No Comments »

花粉症

2009年3月11日

今年は,昨年より花粉症の症状が厳しい。眼がかゆいし,涙目になるときがある。鼻が痛いほどにつきぬけ,鼻水がでてきたりときびしい。ほぼ同じ環境にいながら花粉症が出る人,出ない人があり,症状にも違いがあるし,その程度も異なる。 […]

Posted in 日記 | No Comments »

明日の準備

2009年3月10日

明日は1日中,ある民事事件の尋問期日が入っている。関係者の尋問を1日で完了させようとその裁判官の期日をすべてこの事件のために空けてもらっている。その尋問準備のために本人と夕方2時間ばかり打ち合わせをした。まだまだ打ち合わ […]

Posted in 日記 | No Comments »

「国策捜査」?

2009年3月8日

民主党代表の政策秘書の逮捕にすぐさま「国策捜査」という批判がなされていた。こういうことは言うべきではない。現在の検察は,批判されるような「国策捜査」をする体制にない。裁判官は職務の独立性は憲法上保障されている。弁護士の独 […]

Posted in 日記 | No Comments »

昨日のブログ

2009年3月7日

昨日は、結構怒りながらブログを書いていた。書いたことは、特別給付金に熨斗をつけてうやうやしく渡していた映像をみて思ったことだった。失政の付けを穴埋めするために、多くの冷静な国民が反対している中で、多額の税金を投入して支払 […]

Posted in 日記 | No Comments »

ちょっとした出来事

2009年3月5日

国選事件で冒頭手続きから結審までの事件があった。故あって,情状証人はない。実刑確実な事件であった。継続しなければならない病気の治療は中断となる。場合によっては命に関わる結果になるかもしれないことが言われている。被告人は, […]

Posted in 日記 | No Comments »

Links

Calendar