Archive for 8月, 2006

大原美術館2

2006年8月31日

表紙に写真を載せました。

Posted in 日記 | No Comments »

大原美術館

2006年8月30日

午前中は家裁倉敷支部、地裁倉敷支部の2つの事件があり、午後2時から地裁倉敷支部の事件があった。いったん岡山の事務所に帰ってもすぐにまた倉敷にこなければならず、倉敷に留まり大原美術館に足を運んだ。モネの睡蓮、ゴーギャンのか […]

Posted in 日記 | No Comments »

研修、研修、、、

2006年8月30日

正午から中弁連大会の大会宣言・決議の起草員会がテレビ電話会議であった、一応の形のものをほぼ確定することができた。そして、引き続き「可視化時代を迎えた弁護のありかた」と題するライブ研修を受講した。よくあることなのだが自白調 […]

Posted in 日記 | No Comments »

昨日の朝日の社説の問題点

2006年8月28日

早速以下のようなコメントを日弁連消費者問題対策委員会副委員長平澤さんからいただきました。全く同じ思いで私も読んでいました。平澤さんとは、イギリス、ドイツ、デンマーク、ブリュッセルなどで一緒にヨーロッパの消費者教育の実情に […]

Posted in 日記 | No Comments »

「お金の話も学校で」

2006年8月27日

インターネットを道具とした悪徳商法被害が学生、若者の間にも広がっている。ネットオークション、ネットビジネス、マルチ商法、通信情報サービスなどなどである。こうした負債を解決するためにサラ金にはしり、多額の負債を抱え込む若者 […]

Posted in 日記 | No Comments »

離婚するなら来年4月から

2006年8月26日

今日は午後から午後8時まで日弁連のライブ研修を受講した。ライブ研修というのは日弁連会館で行われる研修会を衛星中継で全国の弁護士会に同時中継して一斉に受講することが可能な研修会のことである。後日インターネットでも会員専用ホ […]

Posted in 日記 | No Comments »

揺らぐグレーゾーン廃止

2006年8月26日

今週の事件処理に要した時間の多くの部分を負債処理関係の事件に充てざるをえなかった。4件の新たな受任通知と既受任事件に関する処理のためである。スタッフの処理能力を超える処理量となっている。最近の新しい傾向として、破産申立事 […]

Posted in 日記 | No Comments »

部活動安全管理責任を問う訴訟の波紋

2006年8月24日

硬式野球部の練習中に怪我をして、学校の安全管理の責任を問う裁判を提起していたことが報道されたことをこのブログで触れた。既に事故から1年余りを経過しての提起である。問題提起をした親に対してなんら誠意をもって対応しなかった学 […]

Posted in 日記 | No Comments »

自己破産・免責そして再出発

2006年8月24日

午前中は2件の破産・免責審尋があり、午後からは大阪家裁での遺産分割をめぐる審判手続きであった。大阪までの新幹線はまだ家族連れが多く混んでいたが、岡山発ののぞみに乗り座っていけた。rnrn2件の免責審尋のひとりは何ら免責事 […]

Posted in 日記 | No Comments »

レイトサマーというけれど

2006年8月23日

遅い夏休みをレイトサマーというそうで、多くの人が夏休みを終えたころ、のんびりとしかも安く楽しむのだそうだ。アーリーサマーもレイトサマーもなく、夏休みの季節を終えそうである。夏休みに家族とどのように過ごそうかといろいろ企画 […]

Posted in 日記 | No Comments »

Links

Calendar