Archive for 3月, 2007

京都で春

2007年3月30日

昨日と今日は京都で過ごした。京都で開かれた第57回全国先物取引被害研究会に出席していたからである。1983年6月に福井で開催された第6回研究会以来ほとんど欠かすことなく参加している研究会である。豊田商事事件を被害者救済の […]

Posted in 日記 | No Comments »

弁護士任官裁判官

2007年3月30日

年度末である。裁判官,検察官の人事異動の時期である。地裁所長,家裁所長,高裁支部長,すべて私と同期の26期研修所出身である。年度末は通常は,こうした人事異動があるために法廷の開廷が少なくなる。しかし,なぜか今週はたくさん […]

Posted in 日記 | No Comments »

これでも落ち着いた日々と,,,

2007年3月29日

昨年8月からある自動車教習所における7人の懲戒・解雇事件を担当してきていたが,最後の一人の和解が成立し,全事件を終了した。3月末をもって転勤予定である裁判官が熱意をもって取り組んでくれたことが問題解決に大きな力となった。 […]

Posted in 日記 | No Comments »

クレジットカードのごとく

2007年3月28日

今年の誕生日が運転免許の書き換えとなっている。くやしいことに前回のゴールド免許の交付からこの書き換えまでの間に信号無視の違反が1回あり,こんどはゴールド免許とはいかない。2年ほど前のゴールデンウイークの時に当番弁護士が当 […]

Posted in 日記 | No Comments »

やはり厳しい求刑

2007年3月27日

法廷の証言台には交通事故でなくなった妻がたった。あらかじめ用意した原稿を涙ながらに読み上げた。夫を亡くしたあとどんな苦労をしているか,どんな悲しみの中にあるか,そして示談はしたが被告人を厳罰にして欲しいとの心情を切々と証 […]

Posted in 日記 | No Comments »

被害者の意見陳述

2007年3月26日

暖かい春の一日であった。事務所で記録の整理や依頼者への連絡文書の作成,やり残している仕事の確認などをした。やり残している仕事の確認は,それによって仕事が前進したわけではないが,改めて確認してリストアップしてみるだけでかな […]

Posted in 日記 | No Comments »

コンサート

2007年3月25日

ペーターシュライヤー指揮のバッハ作曲「ヨハネ受難曲」を聴きにでかけた。私の事務所をお手伝いしてもらっている方からプレゼントされたチケットであった。でかけてみるといい席でありお気遣いに感謝であった。2階の最前列の中央であり […]

Posted in 日記 | No Comments »

「フラット化する世界」

2007年3月23日

弁護士会のなかの各委員会は年度末を迎えて総会とか研修会とか次年度に向けての取り組みが次々となされている。きょうは消費者被害救済センターの総会があり,今年度の活動報告がなされ,金融商品取引法の研究会があった。そのあと講師を […]

Posted in 日記 | No Comments »

のどかな1日

2007年3月21日

昨日は,朝一番に外国人同士の民事裁判の口頭弁論手続き,引き続いて懲戒処分無効の裁判での和解手続きが12時過ぎまで続いた。担当している裁判官が3月末で転勤するため,是非とも任期中に和解を成立させようとぎりぎりの手続きが続い […]

Posted in 日記 | No Comments »

「岡山が勤まればどこでも勤まる」

2007年3月20日

この春,岡山から転勤される裁判官,検察官の送別会が弁護士会有志の呼びかけでなされた。送られる人たちも会費制での参加である。rnrn送られる裁判官,検察官と同期の弁護士がまずは贈る言葉をそれぞれ述べ,送られる方から岡山での […]

Posted in 日記 | No Comments »

Links

Calendar