Archive for 3月, 2011

ある人の死

2011年3月31日

突然と言えば突然の知らせであった。既に1年以上も前から癌の宣告もあり、余命も6ヶ月と医師から言われていた。どのような結果になるかわからない手術は拒否していた。それから、いままで静かにそのときのくるまで普通に、いや普通にあ […]

Posted in 日記 | No Comments »

経済活動にもじわりと

2011年3月29日

商工会議所の専門相談員としての会議があった。震災前から企画されていた会議であり、新しい経営改善計画を支援するための融資制度の説明などが主な議題であった。急激な円高、ガソリン、鉄鋼価格などの高騰などの経済状況をふまえ、政府 […]

Posted in 日記 | No Comments »

日常生活のリズムが、、、

2011年3月27日

3月11日の震災以後、いつも何かの情報とつながっていないと気が落ちつかない。余震は、未だに頻繁に発生している。東京でも、ほとんど毎日、人体に感じる地震がある。いつ、どこでその災害が、人命をも巻き込むものとなるかもしれない […]

Posted in 日記 | No Comments »

安全?

2011年3月23日

福島第一原発をめぐる公式コメントはいずれも「安全」「人体にただちに影響を及ぼすものではない」との評価である。しかし、かなり正確な情報と分析能力を有するアメリカはいち早く、日本に問題解決のための援助と自国民を80キロ圏外へ […]

Posted in 日記 | No Comments »

大きな悲しみと危険が

2011年3月18日

まるで、コンピューターグラフィックで作成されたSF恐怖映画でもみるような光景が、テレビの現実の場面として映っていた。巨大な津波が、人々の日常生活を根底から飲み込んでしまっていた。あの恐怖その現実のなかで、友人が今も安否が […]

Posted in 日記 | No Comments »

投資詐欺,離婚,,,,,,。

2011年3月11日

地裁倉敷支部での投資詐欺事件の損害賠償請求事件,裁判が始まる前に裁判官が「このような事件は進行が難しいですね」とぽつんと発言。確かに原告にとってもなかなか「難しい」と考えている。その思いと同じことで裁判官が同じ言葉で感想 […]

Posted in 日記 | No Comments »

日弁委員会へ

2011年3月9日

関わっている委員会の関係で上京していた。この委員会は事務局会議,全体会議と毎月開催されている。ここのところ,出張が続いているように思う。今月はまだ,東京,京都そして徳島での裁判を抱えている。いずれも日帰りである。適度にあ […]

Posted in 日記 | No Comments »

裁判員裁判

2011年3月8日

2009年5月から施行された裁判員裁判。それなりに定着しつつあると思われる。私の周辺にも裁判員に選任された方がいる。裁判員としての負担の大きさを指摘しながらも,参加した自分自身も社会のことを考える良い機会となったことの感 […]

Posted in 日記 | No Comments »

津谷弁護士の追悼シンポジューム

2011年3月4日

日弁連の消費者問題対策委員長の津谷弁護士の追悼シンポジュームがあった。全国各地の弁護士会を電話回線でつなぐライブ中継がなされたので参加した。津谷さんの功績を顧みることと,この事件の真相を明らかにして今後の事件再発を防ぐこ […]

Posted in 日記 | No Comments »

明日も和解成立予定

2011年3月2日

明日は,高松地裁管内の簡易裁判所で和解が成立する予定である。従って,争われている金額は少額である。先週から和解で終結する事件が続いている。明日の事件には戸惑わされてきた。当初はゆうちょ銀行を相手に訴訟をした。ゆうちょ銀行 […]

Posted in 日記 | No Comments »

Links

Calendar