Archive for 12月, 2006

2006年12月30日

今年を象徴する漢字は「命」だ。今日も1年を振り返っての番組があちこちのチャンネルで1年を振り返えるニュース番組が流されていた。いじめによる自殺、酒酔い運転による交通事故、欠陥商品による人身事故、親が子を、子が親を殺す事件 […]

Posted in 日記 | No Comments »

何もない1日となったが

2006年12月30日

日記だから何もない1日であってもそう書こう。そう思って書き始めている。私の心づもりは、いつもと少し遅めに事務所に出て気になっている仕事に手を着け、年明け早々には充実した気持ちで望めるようにしたい、5日までに仕上げなければ […]

Posted in 日記 | No Comments »

御用納め

2006年12月29日

官庁は今日が御用納めである。裁判所も今日までである。今さら書面提出などということはしないが、急ぎではなく、準備の終わった書面の提出は済ませた。午前中は拘置所での接見、そして境界の係争事案の現地調査を終えて事務所に帰る。あ […]

Posted in 日記 | No Comments »

疲れは夢から、、、

2006年12月28日

私は、朝はかなり正確に目が覚める。しかし、今日はぐっすりと8時20分頃まで寝入ってしまっていた。出張はは予定されてなく、あらかじめ予約の日程は10時からであると前日確認していた安堵感からであろうか。rnrnいや、寝覚めは […]

Posted in 日記 | No Comments »

執行猶予

2006年12月27日

「被告人を懲役3年に処す。」少し間をおいて「この刑の確定の日から5年間その刑の執行を猶予する」と続いた。被告人の顔には笑顔というより目をしばたかせ、神妙に裁判官の判決に聴き入っていた。まさに実刑ぎりぎりの判決であった。執 […]

Posted in 日記 | No Comments »

打ち合わせから

2006年12月26日

今日は2件の応援事件の打ち合わせがあった。1件の事件はオンブズマンから提起されていた住民訴訟の控訴審事件である。元市長さんを交えての打ち合わせであった。事件の事柄の性格上4代にわたる昭和40年代以降の政策の実施状況を検証 […]

Posted in 日記 | No Comments »

暖冬

2006年12月24日

今年の冬は確かに暖かい。まだマフラーも使っていない。そんなに寒さを感じないのである。我が家の贅沢として、冬場に暖炉を焚く。帰宅して暖炉の灰を掃除して、薪を持ち込み火のつきやすいように組み、火をつけ、その炎をみながら食事を […]

Posted in 日記 | No Comments »

あと1週間

2006年12月23日

今朝は人見絹枝杯山陽ロードレースが近くの運動公園グランドを中心に開催されていた。10年位前までは、ジョギングを趣味とし、毎朝運動公園をジョギングしていた。フルマラソンも世界記録とわずか1時間程度(?!)しか違わない記録を […]

Posted in 日記 | No Comments »

命の値段

2006年12月22日

医療過誤死亡事件で最終段階の示談交渉事案があり、賠償額の詰めをしている。この件では医療側が過失を認めたため、現段階では損害額についてのみの交渉となっている、法律家からみれば、命の価格を計算するのは普通の場合、簡単な作業で […]

Posted in 日記 | No Comments »

巧妙な振り込め詐欺

2006年12月21日

ヤミ金や振り込め詐欺が横行したことから、岡山県はヤミ金相談窓口を特別に設けて対応している。今日の午後の相談を担当した。2件の予約であったが、結果的には1件のみの相談であった。被害はたくさんあると思われるが。その被害者がこ […]

Posted in 日記 | No Comments »

Links

Calendar