Archive for 5月, 2008

思わず憲法読み返す

2008年5月31日

憲法9条には「国権の発動たる戦争と,武力による威嚇又は武力の行使は,国際紛争を解決する手段としては,永久にこれを放棄する」とある。クラスター爆弾禁止条約に日本が署名することに日本が最後に署名したとのニュースが報道されてい […]

Posted in 日記 | No Comments »

カルトとの戦いの系譜

2008年5月30日

かつて「岡山青春を返せ裁判を支える会」が同裁判終了後も「カルト被害を考える会」と名称を変え,活動している。裁判は終わってもカルトの被害は絶えることなく,むしろ広がっているという状況があったからだ。そのカルト被害を考える会 […]

Posted in 日記 | No Comments »

病んでいる

2008年5月28日

先週,同期の裁判官がだした死刑判決は「更生の可能性は否定できないが結果の重大性から死刑を選択」したものであった。死刑に対して歯止め,抵抗感が薄れてしまったのではないか。そして,今週,民主主義の根幹を揺るがしたとして長崎で […]

Posted in 日記 | No Comments »

大学の授業

2008年5月27日

法科大学院の授業参観にでかけた。私も「消費者法」の講座を持っているので,関連のある民法ではどのような授業がなされているのかみてきたのである。定期的に弁護士会の法科大学院支援委員会が企画して実施しているが,初めての参加であ […]

Posted in 日記 | No Comments »

盲導犬

2008年5月26日

午前中に岡山市内のライオンズクラブの周年行事があり,参加した。男性会員がほとんどであるが,今日のクラブは女性だけで運営されているクラブである。記念行事のひとつに盲導犬の贈呈があり,盲導犬とプレゼントされた視力障害者の方も […]

Posted in 日記 | No Comments »

模擬裁判,総会

2008年5月25日

昨日は,担当していた修習生の班が刑事事件の模擬裁判をした。実務修習もあと1ヶ月を切っている。修習の成果を模擬裁判で仕上げというところだろうか。私は,ほかのスケジュールがはいっていたので,これをみることができなかったが,夜 […]

Posted in 日記 | No Comments »

妻の持ち分2分の1

2008年5月23日

家事調停セミナーがあり,元岡山家裁所長であった方の講演があった。家事調停委員,裁判官,弁護士らが参加し,弁護士会館のホールが満杯という盛況であった。今日の講演のテーマは財産分与であった。 財産分与をめぐっては,事件を担当 […]

Posted in 日記 | No Comments »

涙するもの

2008年5月21日

今日も,死刑判決が大阪高等裁判所であった。裁判長は,1年6ヶ月を岡山地方裁判所に配属されて一緒に実務修習期間を過ごした同期生である。彼は,複数の死刑判決に関わっているはずだ。かすかな記憶であるが,修習時代に死刑のことが話 […]

Posted in 日記 | No Comments »

けじめがつかなくて

2008年5月20日

今日は,月曜日だった。示談交渉相手と会話をしていたとき,一瞬に今日は何曜日だったかと迷いが生じ,なぜか金曜日の感覚にとらわれた。そろそろ週末で,休日が近いという錯覚に陥ったのである。先週の出来事を,今日が今週の初日である […]

Posted in 日記 | No Comments »

被害者参加は事実誤認の原因?

2008年5月18日

今日と明日は神戸大学のお世話で,神戸国際会議場で刑法学会が開催されている。今日の午後にあった共同研究分科会2「裁判員制度実施に向けた課題と展望」に参加してきた。法科大学院には実務家がたくさんはいっていて,テーマも実務家の […]

Posted in 日記 | No Comments »

Links

Calendar