Archive for 2月, 2008

お金

2008年2月17日

お金はほどほどあればいい。しかし,そのほどほどであればいいということが難しい。さらにほどほどにさえ手に入りにくいのが現実である。お金は,本来その労働の対価として与えられ,それを生きていくために必要なものと交換して取得する […]

Posted in 日記 | No Comments »

えん罪

2008年2月15日

鳩山法務大臣は,人違いなど明白に他に犯人がいたことが証明された事件は「えん罪」であるが,鹿児島の志布志事件などのように違法な取り調べの結果,犯罪が証明されなかったにすぎない事件は「えん罪」とは言わないと言う趣旨の発言をし […]

Posted in 日記 | No Comments »

セキュリティ

2008年2月14日

20数年前,初めて米国の法律事務所を訪問した。そのとき,各オフィスビルのセキュリティシステムが厳重にされていたことが強く印象づけられた。受付に入る前にモニターでチェックがあり,受付で確認し,解錠されて入室する。そんな流れ […]

Posted in 日記 | No Comments »

新事務所での執務

2008年2月13日

とにもかくにも新しい事務所での業務が始まった。今日までに荷物の搬入を終え,生きている事件記録だけは,新しい居場所に納まっている。しかし,まだまだ整理が必要な荷物はいっぱいある。まだ旧事務所の明け渡しは終わっていない。 し […]

Posted in 日記 | No Comments »

同窓会その2

2008年2月11日

きょうは,中学校の同窓会であった。毎年,行われているために参加者は多くはなかった。50名弱の出席予定であった。その多くは,ちゃん付けでも呼び合うことのできる人たちである。来年の開催も決まって別れた。 きょうご出席頂いた先 […]

Posted in 日記 | No Comments »

同窓会

2008年2月10日
同窓会

ネームプレートに付けた写真 高校の同期会があった。5年に一度の開催が恒例となっていたが,今年度は60歳の還暦を迎えた節目の年であったことから2年ぶりの開催である。しかし,今日は出席率は30パーセントぐらいもあり,熊本,東 […]

Posted in 日記 | No Comments »

30年ぶりの引っ越し

2008年2月9日

事務所の移転作業がきょうからはじまっている。ここのところ既に10日間ほど準備をすすめてきていたが,引っ越しの荷物だしと,新しい事務所への搬入がなされ,電話の切り替え,コンピューターの移動などの作業がなされている。一日中荷 […]

Posted in 日記 | No Comments »

昨夜は飲み過ぎて,,,,

2008年2月8日

昨日は,日弁連の会議にでるために上京していた。徳島地裁の事件で相被告の事件を担当している東京の弁護士との打ち合わせの日程をこの会議の始まる前に入れていた。この弁護士の所属する事務所は,丸の内に新しく開発されてできたビルに […]

Posted in 日記 | No Comments »

司法書士と弁護士

2008年2月6日

今日の津山の事件は,簡裁事件であって,代理人には司法書士が就いている。つまり紛争の価格が140万円までの事件だったのである。簡易裁判所の民事事件については,この一連の司法改革のなかで司法書士が訴訟代理人として業務ができる […]

Posted in 日記 | No Comments »

1通の手紙と異常気象

2008年2月5日

今年の冬は暖冬であると言われていた。冬の夜を楽しむ暖炉用の薪も今年は少なくしか注文しなかった。ところが,もう今年は3度も雪が降っている。津山支部の事件で裁判所にでかける数少ない機会に,ノーマルタイヤしか準備がなく,その積 […]

Posted in 日記 | No Comments »

Links

Calendar