クリスマス

2010年12月26日

60年近くも前の話。私が幼稚園にいく年齢になったころ,近くに教会ができ,幼稚園が開かれた。そこの幼稚園,日曜学校に通っていた。クリスマスの夜は大勢の地域の人も集まって,クリスマス劇を行い,みんなで「もろびとこぞりて」を歌って,最後はサンタクロースの登場であった。いつも,外は雪がちらついたりする寒い夜であったが,石炭ストーブで温められた部屋はとても暖かかった。

今年のクリスマスは,妻の行っている蕃山町教会でのキャンドルサービスにでた。こうしたクリスマスを祝う礼拝が時差によって世界を巡り行われているはずである。ヨーロッパのあの多くの教会でも,ドイツの村々のそれぞれの教会でもきよしこの夜が流れ,讃美歌が歌われていたに違いない。考えれば不思議な光景ではないだろうか。その教会で,今日はCDコンサートがあった。せっかくの良い教会の音響装置をつかっての鑑賞会ということであった。ヘンデルの「メサイヤ」全曲である。3時間あまりの時間である。私は2部のハレルヤコーラスまでを聴いて帰った。最後のこのコーラスのところでは,演奏会でも立って聴くのが習慣となっている。その歴史の空気を共有するように,この会場でも数名の人がこの箇所でたっていた。

事務所での残された業務をしばし忘れての時間を過ごした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Links

Calendar

  • 2022年6月
    « 5月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930