冷たい雨

2007年4月19日

長崎市長が亡くなられた。政府は,こうした卑劣な行為を決して許さじと力強いメッセージを出して欲しい。そのことが民主主義に大きな力を与えるはずだ。なぜかその強いメッセージが伝わってこないところが怖い。

朝から気温があがらず,冷たい雨が降った。今日は蒜山高原に出かける予定であった。きっと新緑がきれいないい季節だと仕事の関係で出かけるが楽しみにしていた。ところがこの雨である。蒜山高原に近づき,車で外気温を確かめると5度であった。蒜山高原に建築されているログハウスの欠陥問題での調査が目的であった。床下点検口を床に開けて,ここから床下にはいり,基礎の状況をチェックするのが目的であった。床下に潜ると吐く息が白い。床下にはうようにして土からの湿気った空気を吸いながらチェックした。実はとんでもないことになっていた。そうした事実関係を確認して帰宅した。そして,すぐにこの結果を裁判所に提出する書面にまとめた。デジカメはこうしたときに便利である。すぐさま資料として利用できる。

蒜山で昼食をとっていると「やあ,先生」と声がかかった。かなり前の依頼者の方であった。帰りに道の駅で休憩したところ,ここでも声がかかった。犬も歩けば棒にあたるとか,地元岡山は狭い。どこで見られているやもしれないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Links

Calendar

  • 2020年11月
    « 5月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30