閑話休題

2006年10月26日

昨日の朝、自宅前の岡大に通じる銀杏並木をバス停に向かって歩いていて、銀杏の葉がグリーンからいくぶん色が黄色に変わってきていることに気がついた。上を見ながら歩いていると青空と秋の高い雲を覆うように木の上にいちょうの葉に包まれるようにたわわにぎんなんの実を付けているのが見えた。サクランボの実を少し大きくしたような実が高い木の上の方までついているのである。rnrn銀杏並木があるのはもちろん前から知っていた。ぎんなんがいちょうの実であることも知っている。しかし、木の上に目をやって現実に実が実っているのに気がついたのは初めての経験であった。いつしか実は下に落ちているものであった。なんだか新しい発見をしたようで、落ちていた実を拾って事務所に持っていこうとしたが、妙なにおいがしたのでこれはあきらめた。葉の色の変わりゆく状況をみたり、季節の移ろいを感じながらバス停に行くということが今までなかったため、木の上の状況に気がつかなかったのかもしれない。帰って妻にもこの発見を話したのだが、妻も最近その実っている様子に初めて気がついたとのことであった。互いに行動パターンに変化が生じてきたということであろうか。rnrnこのブログを書いていて気がついたが、「いちょう」も「ぎんなん」も「銀杏」なのである。その場その場で意味を理解して読み分けなければならない。今日の話題はそれではややこしくなるので全てひらがなで表現した。ぎんなんは私は好きである。フライパンでまんべんなくころがすように炒めればはじくことはない。この皮をむきながら水割りをいただくのはなかなかおつなものである。明日は一番の東京行きの飛行機に乗らなければならない。早めに眠るつもりである。というわけできょうは閑話休題。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Links

Calendar

  • 2022年8月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031