「死に神」発言に遅れた反応

2008年6月26日

どうも気になって仕方がなかった鳩山法務大臣に対する「死に神」発言。この気持ちを口にだしておかなければ,落ち着かない。私は,朝日新聞の読者であるが,実はこの記事を読んでいない。死刑制度について論評するコラムで,鳩山法務大臣に「死に神」という言葉を引用して,非難していたみたいだ。

私も,この死刑執行が続くことには異常さを覚える。世界が死刑の廃止,執行停止と大きく動いているなかで,日本は先進国の中で数少ない死刑制度のある国であり,さらに何がなんでも執行しようという動きなのであるから,その異常さは際だっている。死刑判決が増加し,死刑制度があるから,その執行をするのは当然という論理である。死刑に反対する意見は様々な観点がある。その点はひとまず置くとしても,「死に神」という言葉で意見封じをし,評価してはならない。きちんと論理で正確に評価すべきである。

法があるから,法を執行するのは正義だというのであればそれは間違いである。その意義を論理的に論破することなしに「死に神」として反論を赦さないような非難は次の論議を生まないし,説得性に欠けることになる。少なくとも朝日新聞のコラムに使われる言葉ではなかったと思う。個人的には,その言葉の持つ不快感はあるが,的をえている評価だとは思っているが,他人を説得したり,論評するときに使用すべき言葉ではないように思える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Links

Calendar

  • 2020年11月
    « 5月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30