今年を占う?初相談

2009年1月6日

事務所に着くとまもなくして電話,数年前に相談にきたことのある人とのことであったが,記憶にはない。近くまできているので相談にのって欲しいという。きょうは,明日からが事務所の仕事始めで,もともと何も予定はいれていなかったので,すぐに事務所にきてもらった。既に1年以上も車のなかでの生活とのことである。元公務員で,身体障害があり,なかなか定職に就けないまま車上生活から足が洗えないという。相談は,そうした状況に陥るまでに消費者金融からの借り入れがあり,支払えないまま債務が増大していて,今後の普通の生活を取り戻すために障害にならないだろうかという相談であった。まずは,車上生活からの脱出することを考えなければならない。生活保護を受けるにも定住していないと手続きができない。そのことを一番に考え,その後に債務の整理について考えようと助言をした。

そうこうしていると,カルトからの脱出をした人からの相談がはいてきた。その夫は,1年ほど前にカルト被害にあっている妻を救いたいとの相談に事務所にこられて,カルト被害の実情などを話し,まずは妻がどういう気持ちでそのカルトにとりつかれていったかそのことをよく理解する必要があることなどを話した。それから相当期間をおいてからの相談であった。妻と一緒にこられてざっくばらんに被害の内容について話がなされていた。妻を疑い,非難する夫から妻を理解し,妻の被害を一緒になって回復していこうという状況に変化していた。よかったと思う。しかし,これから具体的な被害回復の交渉にはいる。こんどは,代理人として当方が相手方と交渉していくことになる。

いずれも予定のない飛び込みの相談で,今年の世の中を占うかのような相談であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Links

Calendar

  • 2022年6月
    « 5月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930