昨日は夏休み

2009年7月31日

きょうは,鳥取地裁倉吉支部での事件で倉吉に出張であった。法廷の手続きは30分ほどのやりとりだけであるが,それでも一日仕事となってしまう。そこで,夏休みの一日として三朝温泉に前泊して余裕をもっての倉吉出張とした。のんびりとした時間を過ごした。ゆっくりとした気持ちで,日頃の業務を離れてお湯につかるのはなんともいえない解放感を味わった。

今日の事件にも関係があり,現地の確認の意味もこめて蒜山をまわってでかけた。そして,そこから近くにある旭川の源流と言われている塩釜の冷泉に立ち寄った。厚みのある透明なレンズを通してみるような少し青みのかかってみえる冷たい水が黙々とわいている。このような不思議な神聖ささえ感じる水が川の源流であって,我々の必要とされている水の源であると思うと,異常気象で自然破壊の実態を思いしらされているが,まだまだ自然の回復力は残されているのではないかと思ったりする。

今日の法廷が終了したあとで,裁判所の近くにある白壁土蔵群のある地域を散策した。昭和の時代がそのまま残っているような街角が残されている。幼い頃の生活の思い起こさせるような風景にいくつもであった。そうそうそんなこともあったけ,そうだったよなーなどといろんなことを思い起こしながらの散策であった。

私の夏休みの前半はこれでおしまいである。でも,よかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Links

Calendar

  • 2021年9月
    « 5月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930