カルト被害を考える会

2009年11月15日

カルト被害の会の幹事会が私の事務所で持たれた。もともとは青春を返せ裁判を支援する会として始まったものだ。この青春を返せ裁判が,全国で初めて統一協会の宗教活動が違法であるとして本信者の損害賠償請求を認めたという判決が最高裁で確定するという画期的な成果を得て終結した。その後のカルト被害防止と救済のための情報提供に役立てばとこの会をカルト被害を考える会として存続してきていた。

この会の連絡先が私の事務所となっているために,ときどきカルト被害相談が電話などで全国から寄せられる。私の立場でできることはあまり無いが,相談者の地域で相談にいくことのできる人を紹介するなどして対応している。カルトに関する被害は,意外と多いものだ。むしろいろいろなところでカルト化していく集団がたくさんある。そしてそうした団体の勧誘場所に大学のキャンパスが一定の役割を果たしていることが多い。大学生活をカルト被害から守るという観点から,最近では大学でも積極的にカルト対策に動いているところが多い。岡山大学でも,他大学と連携をとりながらいろいろと対応されている。こうした動きにカルト被害を考える会の活動が役立ってきているとすれば,本当に意義のある会であると思う。青春を返せ裁判を訴訟の担当者の一人として闘ってきたが,この度,この会の代表となった。断ることのできない立場にいることを自覚しつつ,きちんと役割を果たしていかなければと思っている。統一協会の教会に警察の捜査が及ぶ事件もあった。霊感商法に特商法違反などで警察のメスがあちこちではいっている。青春を返せ裁判を提起した平成元年ごろからは考えられなかった状況が生まれてきている。

One Response to カルト被害を考える会

  1. 田所眞紀 on 2015年6月14日 at 1:41 PM

    統一協会の脱会者の嫌がらせ意地悪いじめが個人的に始まっています!実家も主人兄弟も味方していますが本当に激怒しています、最近東大阪市の医療機関でわかくさ竜間リハビリテーション病院やアーバンケア御厨など以前の勤務先まで嫌がらせ意地悪いじめを人間関係を通じてしています!大阪府警にも通報しています村上密牧師にも紀藤弁護士にも伝えています阿倍野教会の杉原正則や石田伸一達の仕業であり勧誘目的です!もう少し警察庁が統一協会を厳しく対応取り締まり必要です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Links

Calendar

  • 2017年8月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031