民主党代表選

2011年8月29日

明日は、民主党の代表選がある。我々は黙っていても新しい党首が決まる訳であるが、決まる前に一言、残しておく。
管さんは、そんなに悪いわけではなかった。原発事故の後に東電に怒って乗り込んだその姿勢は評価すべきであった。管さんでなければそのような対応はできなかったであろう。政府として自民党時代から強い姿勢でこれを推進してきた。事故のことは過小評価し、今回のような過酷事故を想定してなく、そのための準備はなにもなされていなかった。そんななかで、右往左往しながらもそれ相応にはやってきていたと思う。あらかじめ想定されていた事故にも関わらず、このことに具体的な対策をとってこなかった今までの政権に問題がある。そのことによって、政府として責められることは多くあるが、管さんの責任ではない。エネルギー政策に関しても、しがらみのない立場で、一定の方向について筋道をたてることに執着したのは管さんでなければいい得ないことであったからだ。問題は、こうした方向性について、民主党のなかで足の引っ張り合いをしてきたことだ。そのことに小沢さんが中心になっていたことは明白であろう。こんな民主党にしたその責任は大きい。小沢チルドレンと言われる人たちは本当に政治家としての判断ができているのかどうか、恥ずかしい人々である。

今回の代表選は、こんな民主党になって欲しくないという形でなされている。「民主」党の名前が恥ずかしい。さて、明日の代表選の予想をマスコミ各社も夜を徹して取材しているようだ。再投票で海江田氏と野田氏の決戦になるのだろうか。党の処分を受けている1個人の支配する民主党なのであれば、それだけでもはや応援する気にはなれない。政策的に納得できるわけではないが野田さんが最後には選ばれることを期待している。もっとも政党としての落ち着きがいいとおもわれるではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Links

Calendar

  • 2019年5月
    « 5月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031