カテゴリー別アーカイブ: BL俳句考

「僕の男性経験はBL俳句に活かせますか?」

 

A「僕は男性とも経験があるんですけど、BL俳句には実際の経験活かせますよね。
 珍しいんじゃないですか、バイでBL俳句書いてる人って」
B「男子校出身なので、男子校時代のこと思い出しながらBL俳句作りました!」

どちらも男性から言われた言葉です。
その場は笑って流したような気がしますが、かなり違和感を覚えたのでずっと心にひっかかってます。
君たちがBL俳句クラスタのことを気にかけてくれるのは嬉しいんだけど、うーん……たまには思ったことを言ってみるね。

Aさんへ。
経験、活かせばいいと思います。ただ、俳句のような小さな器では何をどう書いたって経験の有無はほとんど読み取れなくなると思います。百句二百句集めるなら効いてくるかもしれませんね。
バイでBL俳句書いてる人が珍しいかどうかはわかりません。参加者にいちいちセクシャリティを聞くことはないからです。ただ、バイだということを公言したとしてもBL句会でちやほやされることはまずあり得ないのではないでしょうか。ご存知かもしれませんが、腐女子界隈には作者自身の経験と作品を繋げて考えるのを忌避する傾向があります。
(話は逸れますが、この文化が一般に広まれば、歌会セクハラ問題なども改善していくのになーと思います)
もし、バイであることをギミックのように使いたいなら、わたしのやってるBL句会のような場所では十分な効力を発揮しません。芸能活動に近いことをしたほうがよさそう。

Bさんへ。
そうですかそうですか。いいんじゃないでしょうか。わたしは女子校で過ごした10年間のことを思い出しながらBL俳句を作ることありますよ。
「放課後の教室でキスしてるカップルを見た」というような話は男子校・女子校出身者からよく聞きます。その話自体は「かわいいなあ。いい話だなぁ」と思えるのです。ただ、そういった実際に見た情景を元に俳句を作ったからといって、見てきたままの三次元的リアリティが読者に伝わるとは限りません。ましてや、読者の胸を二次元的に濃縮した上質の萌えで煮えたぎらせようと思ったなら、実際に見たかどうかよりもそれを如何に書くかが問題になってきます。BL漫画・小説の作者はほとんどが女性だということを思い出していただきたい。
男子校出身だということは、たぶん、BL俳句的には思ったほどプラスにはなりません。Aさんのケースと同じく、何百句も集めてみたらまた違ってくるのかも。
そもそも一般的な俳句の話としても、作者は見たままを写生したつもりでも読者にはさっぱり伝わらなかった、ということはありますよね。

わたしの目には、AさんもBさんも、あたかも自分が「BL当事者」であるかのように勘違いしているみたいに見えました。「BL当事者」であることによって人気者になったり、自分の作品がよりよく読まれると思っているみたい。
そして、失礼ながらBLに対する思い入れはほとんどなさそう。

実在の男性がBLのモデルになることはあり得ても、男性であることを理由にBLの当事者のように振舞われると「いや、あなたのことじゃないんですが……」という気持ちになります。
BLの当事者はBL作品の中にしか存在しない。
あるいは、性別や性指向は関係なく、壁として天井としてベッドとしてときには登場人物に同化して作品世界に没入するBL読者が当事者です。っていうか、
まずはBLを読もうよ!

わたしがBL俳句作ってほしいな、BL句会に来てほしいな、と思うのは、性別関係なくBL(商業BLも二次創作も!)が好きなひと、BLに興味があるというひとです。
「こういうのって腐女子にウケるんじゃないかな?」というスタンスよりも「(あたしは/おれは)こういうのに萌えるんだよ!」っていうスタンスがはっきりしてるほうが楽しいと思います。

(ところで、わたしがこういうことを書いたからといって、BLを愛する男性がBL句会に参加しにくくなると不本意なので、どうか萎縮しないでいただきたい。単に、そのひとが自分の経験をもとにBL俳句を作ったからといって読者には何ら関係のないことです、というだけです。それってすごく自由で気楽なことじゃない?)

妄想が捗る擬人化系季語

先日、男同士の性愛を描いたらBL?という記事を書きました。
ざっくり言ってしまうと「ゲイ向けコンテンツと腐女子向けコンテンツは違いますよ」という話ではあるのですが、
少し別の方向でも議論が盛り上がり、いろんな方の意見が聞けてとても嬉しかったです。
たとえば、こんなご意見。

RTの問に対して私の回答は×。
このリンク先の文章にはおおよそ同意できる。ただし、言葉の定義の問題だが、この文章中の『BL』を『やおい』と言い換えれば。
BLとは、BLを標榜している作品、あるいはBLレーベルから出版されているものを指す、と考えている。
やおいはBLを包括する。 —ホンゴさん(@book_go

非常にいいご指摘だと思います。
「BL」という言葉は商業出版から発生したもので、比較的新しい言葉です。(”商業”じゃないところに何があるかというと、”二次創作”や”オリジナルJune”といった同人誌の世界です)
ホンゴさんが書かれたように、狭義ではBLレーベルからリリースされた作品を「BL」と呼びます。ですからわたしが先日書いたように二次創作までBLと呼んでしまうのは少々強引。
しかし現在ではBLという言葉はより広い意味で使われるようにもなってきているようです。たとえば、2012年12月『ユリイカ』の特集は「BLオン・ザ・ラン!」。「やおい」「June」の歴史を踏まえて現在の「BL」の状況を捉えようとしている特集です。

「BL」という言葉は舌触りよく耳に心地よいので、わたしは「腐向けコンテンツの総称としてのBL」、つまり「広義のBL」としてこれを用いることが多いです。
また、これはまったくもって個人的な事情ですが、年下の友人の前で「やおい」という言葉を出して「やおい…?(´・ω・`)」というリアクションを頂戴してしまい、それ以来BL世代の彼女に合わせるためになんでもかんでも「BL」と呼んでいるという面も否めません。だって! 仲良くしてもらいたかったんだもの!
それから、実はこの理由が最も大きいのですが、BL俳句はBL短歌から派生したものなので、BL短歌の「BL」観(BL=広義のBL)を継承していると考えています。
『共有結晶vol.1』 『共有結晶vol.2』

平田有さんと実駒さんの会話を読むと名称の変遷の歴史や個々人の感覚のズレの問題がわかりやすいかと思います。

さて本題!

『共有結晶』vol.2でも少しだけ触れましたが、わたしが勝手に「擬人化系季語」と読んでいる季語があります。
佐保姫、炎帝、竜田姫、冬帝。
これらは、読者が積極的に擬人化するまでもなく、季語そのものが擬人化しているすぐれもの。
\甘栗むいちゃいました!/というノリで\季語あらかじめ擬人化しときました!/って差し出してくれてるわけです。
ありがとうございます。美味しくいただきます!

春の女神「佐保姫」と秋の女神「竜田姫」については百合クラスタの方におまかせして(もちろん”姫”は受けちゃんの愛称として全く違和感がないのでBL読みも可能ではありますが)今回は「炎帝」と「冬帝」をBL読みしてみました。

【炎帝】「夏」の漢語の異名。人身牛頭らしいです。

炎帝に組み伏せられているごとし  谷雅子『シリーズ俳句世界1エロチシズム』(金子兜太・夏石番矢・復本一郎編)より

炎帝、情熱的です。「夏バテ」とか「夏負け」とか言ってしまうと貧乏くさいのに「炎帝に組み伏せられ」るって表現すると急にセクシーでゴージャス! 組み伏せられているのは線の細い少年でもいいし、屈強なアスリートが熱中症で倒れているところを妄想するのもいいですね。

弟子になるなら炎帝の高弟に  能村登四郎『能村登四郎全句集』より

炎帝の弟子って何をするんだろう。
「エルニーニョ現象を起こしてまいれ」「ははッ!」
みたいな感じでしょうか。
中国風のお城で暮らして長い煙管でたばこを吸って積乱雲を作ったりしそう。楽しそう。
同じ作者に「腕撫して炎帝の寵ほしいまま」という句もあります。

炎帝に召し使はれて肥担ぐ  上田五千石『合本俳句歳時記新版』(角川書店編)より

肥(こえ)は厠から汲み上げてきた人間の排泄物です。暑さと臭気にうんざりしながらも力強く天秤棒を担ぐ百姓。実用のためだけについた筋肉、汗まみれの赤銅色の肌。「召し使はれて」に漂う服従の苦痛が百姓の肉体をよりエロティックに飾っています。三島由紀夫「仮面の告白」を連想するせいか、BLというよりはゲイっぽさを感じる句です。

【冬帝】「冬」の漢語の異名。

冬帝先づ日をなげかけて駒ヶ嶽  高浜虚子『虚子に学ぶ俳句365日』(週刊俳句編)より

冬帝×駒ヶ嶽です。
山肌に差す冬の朝日という景。気温を下げるだけではなく、冬の日差しを司るのも冬帝のお仕事。飴と鞭という言葉が脳裏をかすめずにはいられません。そうやってまず日を当てておいてまた吹雪で襲ったりするんでしょう!!(エロ同人みたいに! エロ同人みたいに!)

冬帝や捕虜のごとくに壁に立ち  山田露結『ホームスウィートホーム』より

冬帝や、で切れています。つまり、捕虜のように立っているのは冬帝ではなく作中主体。
彼は、寒々しい壁に向かって立っている。あるいは、壁を背にして立っている。
壁際に並んでパチンコ屋の開店を待っているのかもしれないし、会社のIDカードに入れる顔写真を撮っているところかもしれないし、立ち小便をしているのかもしれない。
「捕虜のごとく」という言葉から、敗北、薄着、疲弊、空腹といった事柄が連想されます。
そして、壁に立つポーズは銃殺のイメージや壁に手をついて後ろから犯されるイメージをはらんでいます。
BLの世界では監禁・拷問は日常茶飯事。壁の向こうから冬帝という名の攻め様の靴音が聞こえてきます。

この他に、土用太郎、土用二郎、土用三郎の三兄弟や、白玉姫(霞の異名)も擬人化系季語と言えます。
(白玉姫は歳時記には載っているものの、例句に出会ったことがありません。和菓子の白玉の印象が強すぎて使いにくいからかな?)
また、冬の厳しい気候に妖怪の姿を与えた「雪女」や「鎌鼬」も一種の擬人化と考えられるかもしれません。

擬人化系季語で良い妄想を得たら、ぜひTwitterで #BL俳句#BL読みできる俳句 のタグをつけてご報告くださいね。

男同士の性愛を描いたらBL?

男同士の性愛を描いたものはBLである。

×か。

BLというものに対する考え方はいろいろあると思うが、腐女子を自認しているひとにアンケートを取ってみたら、八割方は×をつけるのではないだろうか。しかし○と考えるひとがいてもおかしくない。あるいは、いろんな可能性を考えて△をつける。

Wikipediaのボーイズラブの項にはこのように書いてある。

ボーイズラブ(和製英語)とは、日本における男性(少年)同士の同性愛を題材とした小説や漫画などのジャンルのこと。書き手も読み手も主として異性愛女性によって担われている。

つまり細かいことをバッサリ切り落として単純に言えば「女性向けに男性同士の性愛を描いたものがBL」ということになる。
男同士の性愛を描く創作物のジャンルはBLだけではない。
ゲイ当事者向けに描かれる漫画や小説もある。
書店では腐女子にも人気のゲイ作家の作品がBLの棚に並べられることもあるが(例:近所のジュンク堂では田亀源五郎作品がBLコーナーに陳列されている)実際に手に取って絵柄を見比べてみると、両者にはかなり違いがあると感じるはずである。
冒頭で×をつけたひとは「男同士の性愛を描いているからといってBLとは限らない」「男同士の性愛をゲイ当事者向けに描いたものはBLではない」という考えだろう。

BLとして提供されているもの以外をBLとして受容することもある。
いわゆる二次創作では、原作の「敵意」や「友情」を「愛」に読みかえていくような解釈がなされる。
また、個人の妄想の中でこれを行うこともある。
BLという言葉は商業BLから発生したものなので、多少の違和感はあるかもしれないが
「『進撃の巨人』はBLとしか思えない」
「学校で夏目漱石の『こころ』読んだんだけど…これなんてBL…(°言°;)」
というような言い方も成立する。
この考え方でいくと、男同士の性愛が描かれていなくてもわたしの妄想を刺激してくれるならBLと呼ぼう! ということになる。
BL的な匂いがすればわたしにとってBLだし、ゲイ当事者向けの創作物であってもBLとして楽しめるならわたしにとってはBLです。
そう。「わたしにとっては」を入れるならばなんでもBLになり得る。
男同士の性愛を描いたものはBLである。
うん、マル!
古典文学も鉛筆と消しゴムもゲイ漫画もわたしにとってはBL!

この○と考えるひとと×と考えるひとの違いは「ジャンル」を見るか「自分の萌えるツボ」を見るかの違いによる。
だから、「ジャンルとしてはBL漫画とゲイ漫画は違うけど、ジャンルをまたいで両方の雑誌に描く作家さんもいるし、ゲイ漫画の中にもBLとして萌える作品があるし…」などと考え始めると△をつけざるを得なくなってくる。

以上のようなことは、実際に書店に足を運んでBLを購入し(あるいは電子書籍を探し、購入し)読んでみれば感覚的にわかるはずなのだが、BLを読んだことがないひと(特に異性愛者・男性)の中には、短絡的に「男同士の性愛を描いたものはBLである」と考えるひとがいるように感じたので書きました。

ところで、「わたしにとってはBL」という目線が、いまツイッターで小さな盛り上がりを見せ始めた「BL俳句」を考える上で最も重要なことではないかと考えています。ですが、いまわたしは『ジェラールとジャック』を読み返すのに忙しいので、これについてはまたあらためて筆を執ろうと思います。

※Wikipediaの記載について補足
BLの書き手・読み手は飽くまで「主として」異性愛女性というだけで、実際にはバイセクシャル、レズビアン、異性愛者の男性、ゲイ男性、三次元での性愛に興味のないひと、自分の性指向がわからないひと……いろんなひとが存在する。
親しい友人にはバイセクシャルのBL読者がいる。わたしは現状として異性愛女性BL読者(ああ、わたしがマジョリティだなんて!)である。