メガネスーツカフェに行きたい


都会にはメガネスーツカフェというものがあるそうです。
香料会社の社長室という設定のカフェに、秘書という設定のメガネでスーツのウェイターさんがいて、客は社長を訪ねてきたクライアントという設定でお茶やお菓子を楽しめるという腐女子垂涎の夢の花園です。
秘書さんと名刺交換ができたりするらしいです。

化粧品会社の社員然としたギャル系スーツでキメていくのも楽しそうですが、
私ならジーンズにエプロン姿で花束を抱えていって、
「お茶なんて結構です! あたしは、あたしはただの花屋ですからっ!!」
と恐縮し倒したい。

唐突ですが、広島あたりに誰か「仁義カフェ」って作ってくれないかしら。
組事務所という設定のカフェに、組員という設定のコワモテのウェイターさんがいて、客は組長を訪ねてきた客人という設定でビールやカルピスや焼き肉が楽しめるのです。お客様は関係団体の幹部とか、愛人とか、弁護士とか、組と癒着している政治家とかいう設定も選択可能です。
すいませんのう。
オヤジは留守にしとりましてのう。
まあ、なんぞ飲み物でも出しますけえ、
ゆっくりしていってつかあさいや。
イベントも考えました。
■鉄砲玉
他の組の組員という設定の男の子がピストルを握ってたった一人で組事務所に乱入。逆に撃たれて死ぬ。
■出入り
他の組の組員複数名が乱入。組事務所がささらもさらになる。(後片づけが大変。)
■逮捕
逮捕令状を掲げて入場してきた刑事に組員が逮捕される。床に押さえつけて手錠をかける。
(美男子同士のカラミに腐女子のテンションは最高潮)

「仁義カフェ」の他に「学園闘争カフェ」とか「幕末カフェ」とか私が個人的に萌えそうなものをいろいろと妄想するのですがどれもマニアックすぎてあまり受けそうにありませんね。

ちなみに石原は着物+エプロンの女給さんが給仕してくれるカフェ、というのを5日間限定でやったことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です