髭と退廃(decadence)


 
幾頭の虎をバターにしただろうきみの料理はときどき噛むね

恋以上生活未満フライパンにぱふんと帰還するパンケーキ

母たちが孫と名付けた苦瓜がぐんぐんのびた夏、でしたね

きみがいた八年分の夜いつも未遂に終わったアナルセックス

図書館の地方新聞コーナーであなたが死んでいないか探す

切り抜きが見あたらなくてもう一度潜ったホーム炬燵の真っ赤

三分以上働きたくない胸元で点滅してるスワロフスキー

列島に揺れる数多の雨傘の愛人二十七号泣きます

剥製を作る手順を言いながら鋭利な指が鳩尾をさす

キスマークつけるんですかまた会ってくれるんですか独身ですか

そのひとの死人のような胸板で眠り落ちるまでの海嘯

月曜日に会うのはだるい土曜日に会うのはきみの家族に悪い

こんなにもすてきなパパになったんだ あのとき刺しておけばよかった

焼肉屋に煙がない日三叉路を曲がりそこねて社に戻れない

会社員やめたらきっとホステスになるからちゃんと新聞を読む

窓口の山本さんが西さんにかわってもまだ待ち続けてる

「月が綺麗ですね」真顔で言ってみて吹き出してくれたなら合格

ただでさえくすぐったいし口髭の試着みたいで笑える、ゴメン

あまり良いセフレではないせいちゃんはいつか彼氏に降格します

動物は死んだら重いテーブルに出しっぱなしの雪見だいふく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です