睡眠部


白い部屋に学校の机と椅子があって、机を挟んで、向かい合って座っている。ふたりとも眠っていて、なかば覚醒したわたしは目をあけることなく「いまならこっそりと手をつなげる」と思うのだけれど、次の瞬間にはすでに手をつないだまま眠っていたことに気づいて、再び眠りに落ちる。
 
床に丸く乾いた猫の血を、蟻がすこしずつ齧り取ってゆく。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です