花粉前線


ふでばこの中が冷たい一限目
 
オブラートのような便箋春隣
 
春浅き円谷プロの倉庫かな
 
北窓を背中で開くそうそのまま
 
君主論髭ぴんぴんと春の猫
 
前掛けにフリルたっぷり目借時
 
ソーセージ色の袖振る春の叔母
 
うとまれてふうせんながくふくらます
 
花粉前線つつくお天気お姉さん
 
潮干狩りするはずの日に生まれた子
 
 
 

逸 第26号(平成21年6月30日発行)掲載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です