らんまん句会1月


2007年初★句会でございます!!
今回は井上空龍さん(僧侶、書道家、絵手紙作家)が来てくださいました。
作品なし、選のみの参加でしたが、井上さんのチョイス&批評は面白かった!
特に、「墨が斜めに減るのは正しくない使い方」なんていうトリビアにびっくりです。
声が超っ! 超っ! かっこいいYO!!(ルックスもシブいよ)
次はぜひ俳句持ってきてくださいね♪

あれれなんだか今日のユキオは高校生みたいなノリですね。
昨日BoBvol.2に寄稿してくれるさほこちゃん(高校3年生)とお話したからでしょうか。

昨日はドキュメンタリー映画「六ヶ所村ラプソディー」の岡山上映会 [1]でした。
私は当日スタッフだったので(前日もスタッフ証のデザインとか手伝ってたけど)グッズ販売の店番してました。
なんとなんと三上史郎先生が来てくださいました。
「地球のためにできること」コーナーにメッセージもいただきました。
チューリップ型のメッセージカードに一人一人の思いを書いていただくコーナーなんですが、史郎先生は俳句で書いてくださったんですよ〜。

俳人だから俳句で書くっていうのがかっこよくて憧れます。
私もイラストの展覧会でギャラリーのスタッフさんに「俳句で感想を!」って言われて書いてみたことあるんですけど、先生みたいにものすっごい瞬発力でガシッととらえてサラッと書くっつうのがなかなかできなくて二十分ぐらい悩んだ挙句下手なのを書いて帰りました。
下手なりにあのときの句は気に入ってるんだけどはづかしぃのでここには書きません。

ところで初句会のお話なんでしたそういえば。
句会の後である人に「ユキオさんは黛まどかみたいにはなれないと思いますがどう思われますか」って言われました。

なる気ないってば。
カリスマにも、ジャンル内のベストセラー作家にも、結社の主宰にも。

あたしは俳句が大好きだから。
一井暁子が岡山県が大好き [2]なのと同じぐらい大好きだから。(←他県の方わかりにくくてごめんなさい)
あたしはただ、いま面白いと思えることを積み重ねていくだけ。

句会に出るのもそう。
俳句朗読もそう。(3月も大朗読出るよ。)
らんまん句会の句会報作るのもそう。(ってか今回は相当自信作です。)
1月28日にカフェなか町でやる「ユキオたんと俳句をよむ会」 [3]もそう。(5人ぐらいの方にご予約いただいてるみたい。ありがとうございます!! 資料用意してます!!)

売れるとか売れないとか有名になるとかならないとか、そういうことじゃないだろうって思うよ。
楽しいことがしたい。
そんだけ。
なに眉間に皺よせてんの?
俳句ってポップでイージーでハッピーじゃん?
いろんな人とコラボしたい。
待ってて、みんな!!

[1] http://d-mc.ne.jp/blog/rro/
[2] http://ichii-akiko.net/
[3] http://www.d-mc.ne.jp/blog/575/?page_id=7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です