ロボ先輩のCDを聴く


とうめいロボ先輩のOteteを聴く。

高い声、囁くような、一度殺した息を、か細く吐き出すような。
少女性を感じさせる歌詞。ときに怖い世界があーんと口を開けている。
ロボ先輩の持っている怖さが、私はとても好きだ。
 
 
朝もやのなか
たどりついたら
あなた浮かんでいた
泡になって
「みずうみ」

手首を見てる
地図を描いたのさ
ツバメの影絵
「ツバメの影絵」

窓の外では怪獣たちが
家のなか覗いてる
マドレーヌを狙っているのさ
よだれが出ている

おいで! おいで!!
一緒に待とうよ
3時がくるのを
「ふわふわちゃんとマドレーヌ」

ぼくのゆめは ほのおになること
ぼくのゆめは こおりになること
「てがみ」

 
その名の通りの、透明感。
日に透かせば傷だらけだ。
細かな傷が、光をより複雑にする。

カフェで聴けるようなさりげなさややさしさがあって、でも、聴いてたら珈琲飲むより泣いちゃうかもしれない。

あうう。ロボ先輩、なんでこんないいCD作っちゃうんですか……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です