あずまくんの、「あずまにあ」。


 
あずま俊秀くん。
どことなく王朝っぽい名前のそのひとは、市内の(たぶんわたしの職場の近くの)高校へ通う女子高校生です。
彼女の個人誌「あずまにあ」をいただきました。
前書きによると、(■■短歌賞用の?)五十首制作中に行き詰まり、いままで書いた作品を振り返ってまとめたものらしい。
家族を詠んだ作品が特に面白いです。
 
 変声期とっくに過ぎたその声で一度でいいから姉ちゃんと呼べ
 行きずりで相合傘をするような男に育てた覚えはない
 飲みかけのコーラ差し出す父さんに親子レベルを試されている
 
かつてはかわいらしい声で「姉ちゃん」と呼んでくれていた弟。変声期を過ぎた今は、すっかり男っぽい声で「なぁ」とか「おぅ」とか。照れくさいんでしょうか。それでも弟っていいな。わたしはひとりっこなのでちょっと羨ましいです。

ある雨の夕方、姉は弟が女子と相合傘をしているところを目撃してしまった!
夕食の後、リビングのソファに寝転んでマンガを読む弟にそっと近寄る姉。

「彼女おったんじゃ?」
「はぁ?」
「相合傘の子」
「べつに彼女じゃねえし」
「そうなん」
「傘ねえって言ようたけん」
「同じクラス?」
「知らん。三年のひとかもしれん」

動揺をかくしきれない姉。無愛想なだけだと思っていたうちの弟が、いつの間にこのようないまどきの少女マンガに出てくるツンデレ王子様(現時点ではデレてないがヒロインの努力によってデレな側面をきっと見せるはずだ)みたいな男になりやがったのか!!
弟よ! 弟よ! 姉は行きずりの男子に傘を差しかけられるような幸運に恵まれたことはまだないよ!
弟よ! 弟よ! お前はいつまでも姉のものだと思っていたよ……。
ああ弟よ、きみを泣く……。
姉ちゃんは、お前が、その成長が、嬉しくて、腹立たしくて、さびしくて、愛しい……!!!

柱の陰に寄って、ひそかに涙を拭う姉。

そこへ風呂上がりの父、コーラを飲みながら登場。

「トシコぉ、風呂上がりのコーラうめぇわー。
 でも父さんメタボになったらおえんけえあと全部やるわぁー」
「……いらない」
「トシコ…?! それ反抗期か? 父ちゃん嫌いか? そげなことなかろ? トシコぉ!?」
 
といった感じで、わたしの妄想スイッチをいい感じに刺激してくれた「あずまにあ」、定価は「いちおくまんえん」なので、みなさん頑張っていちおくまんえん貯めて「あずまにあ」を買ってください。
(わたしは幸運にも物々交換で入手しました)
 
あずま俊秀 on twitter → http://twitter.com/azumatoshihide [1]
 
その他、お気に入りの歌を。

 最上階バルコニーから身を投げて私もシータになれるだろうか
 無条件降伏するのも悪くない鮭の小骨は刺さったままで
 息を止め小さく肩を震わせるセンチメンタル・センチメートル
 

[1] http://twitter.com/azumatoshihide

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です