セコムのひと


春の水なりまんまるく飲み下す
人形の靴はぺたんこ春一番
順番に化粧を落とし鳥雲に
施錠するセコムのひとや春時雨
くちづけて銅像の頬あたたかし
北窓開くおしゃれに禿げる
春眠し指をいっぽんずつかじる
肉球を押したら山が笑います
いそぎんちゃくちいさくひらくアプリかな
模範囚のごとく歩みて卒業す

(平成23年7月31日発行『逸』第29号掲載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です