カテゴリー別アーカイブ: BL句会

【報告】「ことばや俳句と遊ぶ会」を開催しました

2017年4月9日(日)、BL俳句誌「庫内灯」スタッフによる「ことばや俳句と遊ぶ会」を開催しました。
会場は岡山県立図書館。当初の予想を上回る9名の方が参加してくれました!
いちばん遠くから来てくれた方は新潟から。ありがとうございます!!!

(内容)
打越マトリクス(季語から連想し、取り合わせにちょうどよい距離間の言葉を探すメソッド)
・音韻に凝った俳句かっこいいよね!の話。
・ちょめ俳しせ俳クイズ(著名俳人の作品と市井の俳人の作品を振り分けるチーム対抗戦)
・俳句カードゲーム(佐藤文香・石原ユキオセレクトの俳句カードにBL俳句の札を追加)
・袋回し(回ってきたお題でスピーディーに作句)

会場のようす

打越マトリクス

司会進行は「庫内灯」初代編集長佐々木紺
石原は「ちょめ俳しせ俳クイズ」のみ担当し、あとはたのしく遊んでおりました。

イベント終了後はEXCAFEさんに移動し、二次会を行いました。
「紙を回しながら食べやすい料理」という無茶なリクエストに応えてもらったー!

写真はdyngnさんの撮ってくださった袋回し中のわたくしです。

dyingさんの写真のサイトはこちら↓
ほやのえ

このイベントは佐藤文香『俳句を遊べ!』を大いに参考にしました。ぜひ読んでみてねー。

仁義なきBL句会-広島詩闘篇-報告

01hrsmkukai

2015年7月12日(日)、3回目のBL句会「仁義なきBL句会-広島詩闘篇-」を開催しました。
場所は原爆ドームのすぐ近くの広島市青少年センター。
参加者はちょっぴり少なめの7名(司会含む)。うち、「投句なし、選句のみ参加」の方が2名。
2句事前投句×5名で10句が集まったのですが、それだけだとちょっとさびしいので、著名俳人のBL味のある作品を勝手に加えて12句にしました。

この12句の中からそれぞれが並選3句、萌選1句を選び、合評&萌え語りしました。

おそらく、句会慣れしているひとはこの数字を見て、投句数が極端に少なく選句数が多すぎると思うはず。
0点になる可能性が限りなく低い嬉しい仕様でございます。
甘えていくよ! 大人にならないよわたしは!!

合評後、時間がちょっと余ったので、上五・中七・下五を紙に書いてシャッフルして遊びました。

02shuffle

実駒さんによる関連ツイートまとめはこちら

9月20日の文学フリマ大阪でBL俳句誌『庫内灯』がリリースされます。お楽しみに。

広島BL句会参加者募集中

 

行ってみようかな? という方、Twitterにご連絡ください。
なお、今回の会場はエレベーター・駐車場なしです。ご不便をおかけします。

切磋琢磨ではなく、キャッキャウフフする句会です。

 

2014年8月31日(日)、2回目のBL句会となる「BL句会in大阪」を開催いたしました。
会場は歌人の牛隆佑さんによる短歌ワークショップも開かれたりしているコワーキングスペース往来

句会の様子
句会の様子。お菓子を食べながらおしゃべりしてます。

司会のわたしを含めて参加者12名(うち欠席投句2名)。
事前に投句してもらった24句から並選6句、萌選1句を選び、高得点順に合評&萌え語りしました。

最高点句は8点を集めた次の2句でした。

恥なんか捨ててしまへよ鳳仙花  龍翔 並8 萌0
白髪染め手伝つてゐる星月夜  なかやまなな 並8 萌0

鳳仙花は弾けて種を遠くまで飛ばす……これはエロい!!
白髪染めの句は、年配の紳士カップルでもいいし、年齢差カップルの年下のほうが「染めなくても好きなんだけどな」って言いながら白髪染めを手伝ってあげてるのも萌える!
といった意見が出ました。

「恥なんか捨ててしまへよ鳳仙花」ってなんかね、よしながふみ先生の描く紳士的なドSみたいじゃないですか!
いままさに爆ぜんとしている受けに対して優しくかつ残酷に囁くわけですよ!
ふおぉぉ……。

そして。
萌選を最も多く集めたのは、

ぼくたちの真夏くるしくひかりあう  佐々木紺  並2  萌3

でした。

待てよ、なんだこのデジャヴ感……。
そう、BL句会in神戸のとき萌選がいちばん多かった(4点)のが佐々木紺さんの「ともだちを抱くこともある夏の果て」だったのです!
萌選ハンター佐々木紺!

配布資料
当日配布したもの。この絵、わたしが描いてます。ほめてもらえて嬉しかった!

さて。
BL句会を2回やってみて気づいたこと。
俳句をネタに萌え語りをするのはほんとうに楽しいし、初対面のひととの距離がすぐに縮まる。
俳句の巧拙も俳歴の長さも関係なく、みんなで盛り上がることができます。
その半面、テクニックの部分での熟達は難しいかもしれません。
ある程度わかっていた……というか、敢えてそのようにした部分もあるのですが、つい萌えを語るのに夢中になってしまって「ここは別の言葉に言い換えたほうがすっきりと仕上がるのではないか」とか、「語順は本当にこれでよかったのか」といった細かい部分での検討はおろそかになりがち。
若い世代を中心とした句会について語る際「同世代で切磋琢磨できる場として」といった言葉を聞くことがたびたびあるのですが、BL句会は「切磋琢磨」といった雰囲気からはおそらくかなり遠いです。

ん。でも。それもいいんじゃないか。

テクニックを極めたいひとは他の句会・勉強会に参加したり、同人誌・結社誌などで技を磨き、BL句会にはキャッキャウフフするために来ればいいのではないか。
俳句歴の長い参加者に聞けば初心者が比較的入っていきやすい句会・勉強会なども紹介してもらえますし、わたしもわかる範囲で答えます。と言っても田舎(岡山)に住んでいるので関西圏の情報には疎いのですが……。

句会のあとで
二次会まで時間があいたので二組に分かれてお散歩。

二次会の席では「つぎはBL俳句合宿なんかもできればいいね」という話が出てきました。
また、トークライブ的な公開句会としての開催も実現したら楽しいのではないかなぁ、と考えています。
詳細が決まったらまたTwitterやこのブログでお知らせしますね。お楽しみに!

萌選について
普通の句会では並選(なみせん)数句と特選(とくせん)1句を選びますが、BL句会では並選数句と萌選(もえせん)1句を選びます。
萌選はBL句会独自のシステムです。俳句としての完成度はちょっと横に置いておいて、作者の描こうとしている世界が自分の萌えに近いものを萌選とします。

BL句会 in 大阪

 

BL句会in大阪
〜萌えすぎてスベリヒユまで歩かれへん〜

BL句会in大阪

日時 2014年8月31日(日)13:30-17:00(13:00開場)
場所 コワーキングスペース往来
(〒542-0012 大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設「」2階)
会費 600円

二回目のBL句会を開催いたします。(前回のレポートはこちらから。)
事前にメールで投句(2句)。
当日、無記名で並んだ俳句の中から自分の好きな句を選び、感想を話し合います。
俳句初心者の方にもお楽しみいただけるよう「萌選」ルールを設けました。
必要なのはBL・やおいに萌える心だけ! ぜひ、お気軽にご参加ください。

**定員に達したため募集を締め切りました**

◎特別ルール<萌選>について
普通の句会では並選(なみせん)数句と特選(とくせん)1句を選びますが、BL句会では並選数句と萌選(もえせん)1句を選びます。
萌選はBL句会独自のシステムです。俳句としての完成度はちょっと横に置いておいて、作者の描こうとしている世界が自分の萌えに近いものを選んでください。つい選んじゃった、選ばざるを得ない、きゅんきゅんする、こういうのもっと作ってほしい、そんな気持ちを最優先してください。

例1)文法的におかしい部分があったが、探偵と医師が登場したので、つい選んでしまった。
例2)何が書いてあるかよくわからなかったが、命令形がスーパー攻め様っぽくて萌選にした。
例3)わたしは普通の句会でもBLとして萌える句しか選ばない。唯一にして絶対の判断基準は萌えだ。なので普段はいちばん萌えた句を特選にしていますが今日は萌選にしますね!

※「踏切のスベリヒユまで歩かれへん」は永田耕衣の俳句です。

BL句会 in 神戸レポート

 
kiito

2014年6月27日(金)、BL句会 in 神戸を開催いたしました。
メンバーは司会のわたしを含めて8名、内訳は俳句関係で知り合った方3名、BL短歌関係で知り合った方4名。

句会の様子

なんだか妙に馴染んでいてわかりにくいのですが男性の参加者が2名。
(ふたりとも俳句経験者で、とても良い批評&妄想を披露してくれました!)

句会での高点句を引用します。

(あっ! 大事なことを言い忘れていました。句会というのは無記名で俳句を並べて、参加者が自分の気に入った句を選ぶゲームのことです。何人に選ばれたか点数をつけて、高点句から批評します。批評が終わったら作者が名乗ります。ちょっと “人狼” っぽいところもあるかも)

紙魚に名を奪われている美少年  正井(萌選0 並選5)

ともだちを抱くこともある夏の果て  佐々木紺(萌選4 並選0)

蜘蛛の子や御身の膝をよじのぼる  正井(萌選1 並選3)

桃の蜜したたる肘の先を食む  実駒(萌選1 並選3)

殺人もこの際ありか朝曇り  岡田朋之(萌選1 並選3)

普通の句会では参加者がそれぞれ自分の心に響いた句を複数句選び、その中で特に優れたものを「特選」としますが、BL句会では「特選」のかわりに「萌選」を設けました。
「俳句としての完成度はちょっと横に置いておいて、作者の描こうとしている世界が自分の萌えに近いものを選ぶ。つい選んじゃった、選ばざるを得ない、きゅんきゅんする、こういうのもっと作ってほしい」
という気持ちを最優先して選びましょう、というのが「萌選」です。

二句目、佐々木紺さんの「ともだちを抱くこともある夏の果て」は、「BL俳句的にこれは選ばざるを得ないだろう」というような句。4人が萌選をつけました。俳句玄人っぽく表現するとBL句会という座への直球で豪速球の「挨拶句」と言えるかもしれません。
三句目の批評では「仏教的な法悦ともうひとつの悦び」「御身(=あなた)はノンケ」「陰陽師っぽい」、四句目の批評では「食む側を受けとして想像しても攻めとして想像しても萌える」「俳句的には言いすぎかもしれないけどBL俳句としては『食む』は絶対必要!」といった面白い批評が飛び出しました。いや、なんていうか、全体的に、BL句会じゃないとぜったい聞けない言葉をたくさん聞きました。こんなに頻繁に笑いや悲鳴(キャー♡)が起きる句会って初めてです。

BL句会は、”BL俳句を投句する句会”というよりも、”俳句をBL読みして萌えを語っていただく会”にしたいという思いで企画しました。
メールでの事前投句をお願いした際には、
「BL俳句を意図して作ったものでなくてもかまいません。みんなでBL読みの可能性を探りましょう!」
という連絡をしました。
俳句は短い。情報が少ない。だから、大抵の句は書かれてない部分をBL成分で補って読むことができる。人間が二人出てきたら男性同士。植物や動物は擬人化してBL的に消費可能。極端なことを言えば「緑蔭に三人の老婆わらへりき(西東三鬼)」でも、三人の老婆の手元に薄い本があるというメタ的なBL俳句であると解釈することもできる。
つまり、すべての俳句はBL(読みできる)俳句なのです。
BL読みしたときにめちゃくちゃ萌える句とちょっぴり萌える句があるだけです。

俳句と腐女子を同時に病んでいるひとからは「BLは好きだけどBL俳句を作ることに関しては興味がない」「BL読みは面白いけどBL俳句を作るのは難しい」といった声もある(というか、わたしもBL俳句を作ろうとして作るのはとても難しいと感じている)のですが、普段通りの俳句を投句してBL読みを楽しむ会として気軽に遊びに来ていただきたいと思っています。

今回の句会場と日時は、わたしが神戸で行ってみたい場所・そこが空いている時間、ということで参加者の方の交通の都合はあまり考えずに決めてしまったので、京都から二時間かけて来てくださった方もいたりして、ほんとうにありがとうございました。(;▽;)
岡山から神戸は新幹線使っちゃうと30分だったりします……。
(帰りは二時間かけて在来線で帰りました。線路沿いの家のベランダを見るのが楽しいから鈍行大好き!)
次回は大阪での開催を予定しております。俳句初心者の方もBL初心者の方も是非ご参加ください!

関連リンク:曾呂利亭雑記

BL句会 in 神戸

BL句会in神戸

2014年6月27日(金)、神戸にてBL俳句を鑑賞・批評する会を行いたいと思います。
事前にメールで投句(2句)。
当日、無記名で並んだ俳句の中から自分の好きな句を選び、感想を話し合います。
俳句初心者の方にもお楽しみいただけるよう「萌選」ルールを設けました。
必要なのはBL・やおいに萌える心だけ! ぜひ、お気軽にご参加ください。

連絡先 @yukioi