BL句会 in 神戸レポート


 
kiito

2014年6月27日(金)、BL句会 in 神戸を開催いたしました。
メンバーは司会のわたしを含めて8名、内訳は俳句関係で知り合った方3名、BL短歌関係で知り合った方4名。

句会の様子

なんだか妙に馴染んでいてわかりにくいのですが男性の参加者が2名。
(ふたりとも俳句経験者で、とても良い批評&妄想を披露してくれました!)

句会での高点句を引用します。

(あっ! 大事なことを言い忘れていました。句会というのは無記名で俳句を並べて、参加者が自分の気に入った句を選ぶゲームのことです。何人に選ばれたか点数をつけて、高点句から批評します。批評が終わったら作者が名乗ります。ちょっと “人狼” っぽいところもあるかも)

紙魚に名を奪われている美少年  正井(萌選0 並選5)

ともだちを抱くこともある夏の果て  佐々木紺(萌選4 並選0)

蜘蛛の子や御身の膝をよじのぼる  正井(萌選1 並選3)

桃の蜜したたる肘の先を食む  実駒(萌選1 並選3)

殺人もこの際ありか朝曇り  岡田朋之(萌選1 並選3)

普通の句会では参加者がそれぞれ自分の心に響いた句を複数句選び、その中で特に優れたものを「特選」としますが、BL句会では「特選」のかわりに「萌選」を設けました。
「俳句としての完成度はちょっと横に置いておいて、作者の描こうとしている世界が自分の萌えに近いものを選ぶ。つい選んじゃった、選ばざるを得ない、きゅんきゅんする、こういうのもっと作ってほしい」
という気持ちを最優先して選びましょう、というのが「萌選」です。

二句目、佐々木紺さんの「ともだちを抱くこともある夏の果て」は、「BL俳句的にこれは選ばざるを得ないだろう」というような句。4人が萌選をつけました。俳句玄人っぽく表現するとBL句会という座への直球で豪速球の「挨拶句」と言えるかもしれません。
三句目の批評では「仏教的な法悦ともうひとつの悦び」「御身(=あなた)はノンケ」「陰陽師っぽい」、四句目の批評では「食む側を受けとして想像しても攻めとして想像しても萌える」「俳句的には言いすぎかもしれないけどBL俳句としては『食む』は絶対必要!」といった面白い批評が飛び出しました。いや、なんていうか、全体的に、BL句会じゃないとぜったい聞けない言葉をたくさん聞きました。こんなに頻繁に笑いや悲鳴(キャー♡)が起きる句会って初めてです。

BL句会は、”BL俳句を投句する句会”というよりも、”俳句をBL読みして萌えを語っていただく会”にしたいという思いで企画しました。
メールでの事前投句をお願いした際には、
「BL俳句を意図して作ったものでなくてもかまいません。みんなでBL読みの可能性を探りましょう!」
という連絡をしました。
俳句は短い。情報が少ない。だから、大抵の句は書かれてない部分をBL成分で補って読むことができる。人間が二人出てきたら男性同士。植物や動物は擬人化してBL的に消費可能。極端なことを言えば「緑蔭に三人の老婆わらへりき(西東三鬼)」でも、三人の老婆の手元に薄い本があるというメタ的なBL俳句であると解釈することもできる。
つまり、すべての俳句はBL(読みできる)俳句なのです。
BL読みしたときにめちゃくちゃ萌える句とちょっぴり萌える句があるだけです。

俳句と腐女子を同時に病んでいるひとからは「BLは好きだけどBL俳句を作ることに関しては興味がない」「BL読みは面白いけどBL俳句を作るのは難しい」といった声もある(というか、わたしもBL俳句を作ろうとして作るのはとても難しいと感じている)のですが、普段通りの俳句を投句してBL読みを楽しむ会として気軽に遊びに来ていただきたいと思っています。

今回の句会場と日時は、わたしが神戸で行ってみたい場所・そこが空いている時間、ということで参加者の方の交通の都合はあまり考えずに決めてしまったので、京都から二時間かけて来てくださった方もいたりして、ほんとうにありがとうございました。(;▽;)
岡山から神戸は新幹線使っちゃうと30分だったりします……。
(帰りは二時間かけて在来線で帰りました。線路沿いの家のベランダを見るのが楽しいから鈍行大好き!)
次回は大阪での開催を予定しております。俳句初心者の方もBL初心者の方も是非ご参加ください!

関連リンク:曾呂利亭雑記