1986年、岡山県岡山市生まれ。
 岡山県内の大学に在学中。2008年4月からFM岡山の「牛嶋俊明ドリームファクトリー」(金曜日13:30~15:55 生放送)にレギュラー出演している。
 
 子どものころは、はずかしがりやで内向的。自分の意見をなかなか言えなかった。テレビを見ながら芸能人や歌手にあこがれ、漠然と女優になりたいと思っていた。中学時代の得意科目は社会。とりわけ歴史が好きだった。友だちとふれる機会が増えてきて、少しずつ活発になっていった。小学校2年生から習っている書道で多くの賞をとる。高校3年のとき、『世界の中心で、愛をさけぶ』(行定勲監督)を見て感動。こんなふうに人に感動を与えることのできる俳優になりたいと思った。東京の大学へ行きたいと考えていたが、家族との関係で地元にとどまり、県内の大学に進む。女優の夢はなかばあきらめていたけれども、専門課程に進む段階で、やはり女優を目指したいと思い直し、表現と創造にかかわる分野を選択する。「身体表現」について熱心に取り組んでいる。いっぽう、今もつづけている書道では、2006年に第34回全国学生競書大会で伝教大師賞を受賞した。
 2007年3月、『岡山の娘』のオーディションが行なわれることを知って応募し、映画初出演のチャンスをつかむ。台本をしっかり読みこみ、疑問に思うことは必ず監督に質問し、納得してから演技にのぞんだ。同世代の共演者、さゆり役の家ノ上美春さんと智子役の石原ユキオさんからは大きな刺激を受け、とても勉強になった。
 8月の猛暑のなかでの撮影は予想を超えるきびしいものだったが、笑顔を絶やさぬ明るいオーラで、現場の空気をなごませた。「全身で表現しているものがあって、アイドル的にかわいいだけではない魅力がある。真摯さ、力強さ、集中力がすばらしい」と監督は語る。
 この撮影の後、「タウン情報おかやま」とトヨタカローラ岡山のコラボレーション企画のショートムービー『恋温』(安井祥二監督)に出演した。
 
趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、ショッピング
特技:書道、バドミントン、弓道、バレーボール
好きな映画:『フラガール』『世界の中心で、愛をさけぶ』『マリー・アントワネット』『パイレーツ・オブ・カビリアン』                           
好きな俳優:長澤まさみ、渡辺謙
好きな漫画:『天使なんかじゃない』『パフェちっく』『花より男子』
好きな本:『カラフル』『ハリーポッター』
好きな歌手:スピッツ、まきちゃんぐ
 
★今までで一番うれしかったこと
 中学生のころ(2000年ごろ)爆発的に流行したファービー(手のひらサイズのふくろうに似たぬいぐるみ。歌ったりしゃべったりする)。東京でこれを買い求める人の長い列のニュースをテレビで見て、初めてファービーというものを知った日の夜、偶然にもそれをお父さんが買ってきてくれた。びっくりするやらうれしいやらで、でんぐり返りを何度もして喜んだ。うれしくてでんぐり返りをしたのは、あとにも先にもこのときだけ。
 
射手座のA型。桜の花が好き。青空も好き。スターバックスも好き。
大学卒業後上京し、実力・個性などをそなえた女優になる目標がある。
 
西脇裕美

西脇裕美