Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/dmcnet/www/d-mcnejp/blog/musume/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
News★ « 岡山の娘 公式ブログ

福間健二の、質問に答える&日録 12

 2008.12.29〜2009.1.5.

12月29 日(月)
嵯峨直樹『神の翼』を読む。歌集である。
短歌をどう読んだらいいのか、いつもとまどうが、
この1971年生まれの歌人の仕事には新鮮な「いま」を感じた。
たとえば、
〈君よ君、かわいい人よ、粗っぽい現実の来る期限は近い〉
の〈粗っぽい〉が〈荒っぽい〉ではないこと。
へんな言い方になるけど、
現実感のタガがはずれていることのリアルさがある。

窓拭きをする。たいしてきれいにならなかったが、
久しぶりの「肉体労働」。そのあと、しばらくぼんやりした。
午後6時半から、野口整体の活元会。
いったん帰宅し、入浴し、
ちょっと食べて、ちょっと仕事してから、
「奏」に行く。
いろんなミュージシャンの出る、今年最後のライヴ。
そのあとのパーティー。演奏がつづく。
(朝の9時まで演奏がつづいたそうだ。)

12月30日(火)
年賀状を書きはじめる。
そして、原稿。
大江健三郎の文学について考える。
その影響から逃れることが、二十代からの大きな課題だった。
いまは、ちがう態度で接するときだ。
彼の生まれた村へ行き、それから
加藤典洋さんの『文学地図 大江と村上と二十年』という本を読み、
その思いをつよくした。
午後8時、今年の「仕事」はここまでと断念して、
FUKUSUKEへ。
福間塾の藤井さんと小山さん、
そして洋菓子作りの先生の堀田さんと、
忘年会シリーズの最終回。

12月31 日(水)
母がひとり暮らす国分寺の実家に行き、
弟(福間雄三)と大掃除をする。
物心ついたときから、外国に行って留守だった数年をのぞいて、
ずっと大晦日は実家の大掃除をしている。

1月1日(木)
お正月。午前中、国分寺で。午後は、国立で。
年末年始は、国分寺と国立を往復する。
国立に住むようになって20年以上、ずっとそうしている。

1月2日(金)
午前中、国分寺。
午後、新幹線で、岡山へ。
赤磐市にある妻の実家、小宮山家で、
義母、義兄夫婦、義妹夫婦との新年会。
(この人たちがみんなで『岡山の娘』製作・上映をサポートしてくれた。)
甥と姪の若い世代も。
『岡山の娘』にも出てくれた姪の小宮山香ちゃんの
バレエの公演のDVDを見る。
『くるみ割り人形』のクララ。
映画では「お嫁さんになりたい」と言っていた彼女だが、
4月から化粧品会社に就職する。
岡山市谷万成の禰屋家(義妹夫婦の家)へ。

1月3日(土)
『岡山の娘』のヒロイン、みづきの家として
撮影にも使わせてもらった禰屋家。
ここに泊まる大きな楽しみのひとつは、
朝、犬のリッキーと散歩すること。
笹ヶ瀬川の川べりに行く。
冬枯れで緑がほとんど消えているけれど、
『岡山の娘』の「夢のかたすみで」みづきがさまよう場所だ。
散歩のときに頭に入れているので、
ここなら、目をつむっても撮影できるほどだったのだ。

禰屋家にいるもうひとつの楽しみは、
ケーブルTVで映画を見ること。
ヴィデオやDVDに録画したものも無尽蔵にある。
で、今日は「シネフィル・イマジカ」というチャンネルの
ハロルド・ロイド特集。
『猛進ロイド』(監督サム・テイラー、フレッド・ニューメイヤー、1924)。
これは、後半、ヒロインと重婚男の「結婚」をひっくりかえすために
ロイドが式場に向かう、その「猛進」を徹底的にやる。
やはりテイラーとニューメイヤーによる『ロイドの人気者』(1925)も見たが、
こちらはそれほどでもない。
どちらも、ヒロイン役の女優ジョビナ・ラルストンが可愛い。

「アクア東中野」以来、風呂好きになっているわたしの提案で、
温泉に行こう、ということになって、
近くの苫田温泉「桃太郎風呂」へ。
帰りに、岡山名物ぼっこうそば(知らなかった)の水仙亭へ。
温泉のあとの、そば焼酎のそば湯割りで、
120パーセントいい気持ちになった。
完全に「岡山の休日」気分。
夜は、岡山に来たらかならず食べる「大漁寿司」の出前をとってもらう。

松山善三の第一回監督作品『名もなく貧しく美しく』(1961)を
たぶん47年ぶりに見た。
どちらかといえば軽んじてきた作品だが、
ろうあ者の夫婦がけんめいに生き抜く姿、
玉井正夫のカメラ、小林桂樹と高峰秀子の演技、
手話による会話でのスーパーの使い方など、
なかなかいいなあと思って見ていた。
しかし、ラストがまったく納得できない。
何のために高峰秀子が死ななくてはならないのか。
「愛と感動の物語」、そのために安易に人を殺すな。

短篇映画もいくつか見た。
フランスの二本、
『アンナのトリップ』(1998、ギヨーム・ブレオ監督)と
『ギターのレッスン』(2006、マーティン・リット監督)がよかった。
前者の、少女が中年男の家から逃げるときのバックの色が目に残り、
後者で使われた歌「レティシア」が耳に残った。

1月4日(日)
朝、リッキーとの散歩。
朝、いい景色のなかに犬と散歩に出るというのは、
いろんな点から考えて、ものすごく贅沢なことだ。
ハロルド・ロイドの『スピーディ』(1928、テッド・ワイルド監督)。
たとえば仕事をクビになっても困らないというのは、
人生においてばかりでなく、映画の作劇法からいっても、気楽なものだ。
ハッピーエンドにむかって遊びながら進むだけ。それでいいのだ。

バスで、岡山のセンターへ。
表町の、『岡山の娘』で集合場所にしていた時計台前。
そばにテーブルと椅子のある喫煙コーナーが出来ている。
信三がしゃがんで、女の子が通るのを見るカットを撮ったところだ。
いたるところに、『岡山の娘』で撮った風景がある。
一年数か月という時間の経過も感じるが、
夏と冬ではこんなにちがうのかとも驚かされる。
めちゃくちゃ暑くてめちゃくちゃ大変だったけれど、
『岡山の娘』は夏に撮らなくてはならない作品だったのだ。

シネマクレールで『僕は君のために蝶になる』を見る。
香港映画、ジョニー・トー監督。
音楽評論家保母大三郎さんのまねをすれば、
「自称乙女のおばさんか足の太い女子高校生向け」のバカな映画だが、
いまの女性が好む要素、彼女たちが夢見るダメージの受け方などについて、
謙虚に学ぼうと思った。

表町のOTOYAでコーヒーを飲み、
西口へとゆっくりと歩き、
奉還町の閑散ぶりを観察して、
午後5時、新年会の会場、MIKANSEIへ。
『岡山の娘』のスタッフ・キャスト、
製作・上映の協力者のみなさんが集まってくれた。

途中から日本酒をハイピッチで飲んでしまい、酔ってしまった。
二次会は、岡山上映会の打ち上げをやった「優々庵」へ。
MIKANSEIでの後半から、記憶があまりはっきりしない。
年末年始、なんとか押さえ気味に飲んできたのだが、
岡山の親しい人たちに囲まれて、
すっかり気がゆるんでしまった、ということにさせてください。
途中、すでに岡山映像祭で上映されていた木村文洋監督『へばの』の話をした。
『へばの』は後半の20分がいいのだというわたしの意見に対して、
何人か、まったくちがう意見を持っていたようだ。
帰りのタクシーのなか、
妻とバルカンの東井浩太郎さんになにか言って、なだめられていた。
『岡山の娘』で果たせなかったこと。やりのこしたこと。
それを言った。それは、はっきりとおぼえている。
いや、ほんとうは単純にバカなことを言っていたような気もする。

1月5日(月)
リッキーとの散歩から一日がはじまる。
次にやれるのは、いつだろう。
15時3分岡山始発の「のぞみ」で帰る。
その前に、甥の康ちゃんとそのガールフレンドの亜矢ちゃんに会い、
ものすごく久しぶりに中華料理店「廣華楼」に行った。
康ちゃんからいうと伯母、つまり、わたしの妻と、
母、つまり、わたしの義妹が一緒。
ということで、五人でテーブルを囲んだ。
今回は、天神そばも成田屋もない岡山だったが、
それでも「廣華楼」の豚天があるのだ。
岡ビル(市場)は今日からで、もちろん、行きました。
午後8時近く、国立に戻る。
「奏」に寄って、そこでも、
家に帰ってからも、岡ビルで買ってきた「ちょっとしたもの」を肴に、
(『岡山の娘』のみづきとさゆりのように)飲みました。

みなさん、遅くなりましたが、新年のあいさつを送ります。
2009年、遠くでも近くでも、
さまざまに大変なことがあるでしょう。
でも、よろこびにあふれる一年となりますように。
そして『岡山の娘』、いろんなところに行きます。
どうぞ応援してください。

07
1月
2009

福間健二の、質問に答える&日録 11

2008.12.22〜12.28.

12月22日(月)
午前中、原稿執筆。
午後から、大学へ。
10月にやった高校生の体験学習。
その感想をまとめた冊子ができていて、
わたしの「映像論」を受けた6人が、
それぞれ、しっかりした内容のことを書いている。
大学生が負けてしまいそうだ。

杉本博司を中心に写真論をやる卒論の松島君と、
ヒップホップ研究で修士論文の安藤君。
二人の「指導」をおこなう。
提出まであと3週間というところ。
「指導」というよりも、一緒に考えているだけだが、
ここまで来ると、とにかく書いてくださいと言うしかない。
写真についても、ヒップホップについても、
わたし自身が考え抜けていない。
絵画としての写真。
発話と引用の場としてのヒップホップ。
そういう「表現論」で十分にやれそうな気がしていたのだが、
なにか、空回りしている。

雨のなか、大学のある南大沢から
橋本、町田をとおって、小田急線の相模大野へ。
忘年会、「さねさし相模の会」という会の。
相模大野駅(大きいので、びっくりした)南口から
徒歩2分のビルの二階の「やのや」という店に、
詩人・歌人・俳人、21名が集まった。
神奈川県なので、『岡山の娘』横浜上映の宣伝をしっかりとやり、
おいしい日本酒の盃をかさねる。
帰りは、登戸に出て、南武線で帰った。

12月23日(火)
朝、NHKテレビの「天皇誕生日 皇室この一年」を見る。
世界のいろんな場所が出てくる。
皇后が軽快なパンツ姿でなにかしていた。
何をしていたのか。見終わったすぐあと、もう思い出せない。
番組には、来日したスペインの国王カルロスとその夫人も登場した。
一時期、スペインびいきになっていたわが家では、
カルロス一家のことがときどき話題になる。
昔のハリウッド・スターみたいだったカルロスも、すっかり老いた。

と、スペインのことを思っているところに、
ポレポレ東中野のスタッフ、小原君と堀田さんから、
クリスマス・イヴにと、スペインのカバ(シャンパン)の贈りもの。
一日早く届いたみたいなのだが、
じゃあ、今夜、イヴをやってしまおうということに。
福間塾のメンバー、小貫麻美さんを招いて、小宴会。
小貫さんの「人間観察」に感心しているうちに、
気持ちよく酔いがまわった。
ふと、皇后はピアノを弾いていたのだ、と思い出した。

12月24日(水)
ポレポレ東中野の「桜映画はしなやかである」という特集。
妻と二人で行き、『海ッ子山ッ子』(木村荘十二監督、1958)を見る。
木村荘十二監督は、戦前の『彦六大いに笑ふ』(1936)をおぼえている。
満州に行き、1953年まで中国にいた。
帰国後、〈共産党に入党して映画における平和運動に力を〉注いだ。
『海ッ子山ッ子』は、伊豆のどこかが舞台。
漁業で生きる海辺の子たち(映画のなかでは、磯ッ子)と、
みかん栽培で生きる山側の子たち。
昔からずっと大人も一緒になって対立していた両者が
仲良くなるまでの、文字通り平和な作品。
『野菊の如き君なりき』の有田紀子が、バスの車掌役で顔を出していた。

なんとなく、のどかな気分になって、ぶらぶらしたあと、
見逃していたタナダユキ監督の『百万円と苦虫女』を
飯田橋ギンレイホールで。
ものすごくおもしろい発想で、蒼井優もわるくないが、
作りすぎ、考えすぎになっていると思った。
最後がとくに納得できない。
映画は、あるところまで行ったら、
作者のアイディアを超えたもの(素材の力、現実の力、その他)に
持っていかれるくらいの方がいいのかな、と感じた。
おなじタナダ監督の『俺たちに明日はないッス』は
そうなっていて、それでとてもよかったのだ。

飯田橋から秋葉原をとおって谷中へ。
「あかしや」で飲む。
わたしは二回目、妻は初めてだった。
ここに書いてしまうのが惜しいくらいの飲み屋。
〈まるで実家に帰ったような気がする〉
と鈴木常吉さんがそのブログに書いていた。
それで行った。常吉さんの歌がさらに好きになった。

12月25日(木)
「映画芸術」の特集〈1969年と『男はつらいよ』〉のアンケート。
書いて、送ったあとも、いろいろと思う。
ポレポレ東中野での、『岡山の娘』公開記念オールナイトの番組のうち、
『青春伝説序論』と『女学生ゲリラ』の二つが1969年の作品だった。
20歳。自分がどんな馬鹿だったかという証拠が残っている。
何を考えていたか。
最後は野垂れ死にするくらいの覚悟で勝手な生き方をしたい。
そう思っていたのを、思い出した。
それにしては、ここまで安全に切り抜けてきた。
もうすぐ、60歳。
途中を抜いて、20歳のところから生き直すとしたら、どうだろう。
映画をやりたいというのは、そういうことでもある。
「還暦=三度目の成人式」説。
聞き飽きた人もいるでしょうが、
みなさんどうぞよろしく。

12月26日(金)
「映画芸術」のベストテンの原稿を書く。
わたしの今年の日本映画ベストテンは、
雑誌が出るまで、いちおう内緒にしておくが、
評でとくに力が入ったのは、
若松孝二『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』
坂本礼『や・り・ま.・ん』
前田弘二『くりいむレモン 旅のおわり』
の三本である。

夕方から「奏」で、
いまはもう出ていない「ゲニウス」(途中から「GIP」になった)の
メンバーのうち、七人が集まった忘年会。
「昔話がたのしい年頃になった」と瀬尾育生さん。
まあ、そんなものでしょう。

12月27日(土)
朝、妻と散歩して、久しぶりに一橋大ラグビー場わきの道から、
雪をかぶった富士山を見た。
ココちゃん(近所の犬)にも会った。
一日、必死に原稿を書く。
書きあぐむ。
書けない。
それでも、書く。
ウィンドウズ・メディア・プレイヤーで、
ダフィー『ロックフェリー』
リサ・マリー・プレスリー『ナウ・ホワット』
ブロー・コンボ『こわれゆく私』
アウトキャスト『アイドルワイルド』
リル・キム『ネイキッド・トゥルース』
フロエトリー『フロオロジー』
イマーニ・コッポラ『チュパカブラ』
吉原すみれ『エコー・フロム・サウス』
ジャーハイム『ゲットー・クラシックス』
リーラ・ジェイムズ『ア・チェインジ・イズ・ゴナ・カム』
(これが、けさ選んだ、今日の10枚。実は、聞き切れなかった)
といったCDを鳴らして、頭をからっぽにして。

12月28日(日)
午前中、正月用のビール、ワイン、日本酒を仕入れに、
国分寺西町の業務スーパー「パスポート」へ。
最近も若い同僚の赤塚若樹さんに
「アルコール吸引力」を感心されたが、
酒量は減らない。
持病の痛風さえ眠らせておけば、
最近は喧嘩とかしないから、まあいいのかな。
ついでに書かせてもらうが、
赤塚若樹さんは、今年、『シュヴァンクマイエルとチェコ・アート』
という本(発行・未知谷)を出した。
シュヴァンクマイエルとチェコ映画とチェコ・アートを語る好著だ。

午後は、原稿。
首都大学東京現代詩センターで出す雑誌
(誌名はいまのところ仮に「詩論」としている)
のための100枚。年内にということで、
量を稼ぐ書き方をしているのに、まだ70枚ちょっとのところ。
書くのは「三度のメシより」好きなのだ
と毎日言い聞かせているが、
いちばん楽しかったのは、
高校時代、授業中に内職でなにか書いていたときかな。
理由は簡単で、どんなことでも、
許されないことをしていると思うと楽しいのだ。
いまは、書いてくださいと言われて書いていることが多く、
逃げだす口実ばかり考える(これは、編集者には内緒)。
大事なのは、どんな場合も、
〈自分が好きなもの、自分がよいと思うもの、
自分が心から惹かれるものに忠実であること〉(加藤典洋)。
それがちゃんとできていない、ということだろうか。

夜は、井の頭線池ノ上のGARIGARIでの「ガリガリ会」に参加。
『岡山の娘』の配給でもすっかりお世話になっている
ピンク映画の会社「国映」、
その周辺にいる映画人の忘年会で、
GARIGARIは、映画監督のガイラこと小水一男さんの店。
ガイラさんとも若松プロで出会った。それから40年になる。
「来年は映画を撮りたい。商業映画じゃないかたちで」
という彼の、腕をふるった料理をしっかりと食べ、
ビール、焼酎、ワインを飲む。
初対面の評論家谷岡雅樹さんと意気投合。
パンクロックの時代、ヤクザ映画の時代、
さらにもっと昔までさかのぼる「人情」をひきずって
おれは(表現活動を)やっている、と力説してしまった。
終電のひとつ前の電車で国立にもどり、
FUKUSUKEにちょっと寄った。

みなさん、今年一年、ほんとうにお世話になりました。
2009年もどうぞよろしくお願いします。

29
12月
2008

メディア情報

12月22日(月)、TOKYO-FM(80.0MHz)に
福間監督がインタビューで出演します。
午後4時半から5時までの「バイブル」という番組。
『岡山の娘』と「自主映画のいま」について熱く語ります。

22
12月
2008

お知らせ!

ポレポレ東中野での『岡山の娘』の上映も、終わりが近づきました。
最終日12月5日(金)は、福間監督が観客のみなさんに感謝を込めて
ご挨拶いたします。
『岡山の娘』をお見逃しなきよう、どうぞご来館ください。

02
12月
2008

追加トークショー決定!

ポレポレ東中野にて好評上映中の『岡山の娘』ですが、追加イベントが決定しました!

※上映前トークショー
11/30(日) ゲスト:松江哲明(ドキュメンタリー監督)
12/2(火) ゲスト:瀬々敬久(映画監督)
(すべて福間健二監督とのトークになります)

まだまだ上映は続きます!
皆様のご来場、心よりお待ちしております。

22
11月
2008

あいさつ&お願いなど

ポレポレ東中野でのレイトショー公開がはじまりました。
宣伝そのほか、ご尽力いただいた方々、
応援してくださっている方々、
ほんとうにありがとうございます。

初日の舞台挨拶は、
「あがってたね」「緊張してたぞ」とみんなに言われました。
岡山から駆けつけてくれたわれらがラブリー・ガール、
みづき=西脇裕美にだいぶ助けられた気がします。
二日目は、若松孝二監督との爆笑トークになって、リラックスできました。
高校生のときにこういうめちゃくちゃに面白いおっさんに出会った。
そこからの40 年、
いろいろあったけれどしぶとくやってきたなあ、
ここで『岡山の娘』を作ることができてよかったなあ、
と幸福感にひたりました。
若松さんのあったかさが身にしみました。

活字メディアでは好意的な記事・批評がならびましたが、
ネットでは早くも手きびしい批判が出ています。
そういうのも含めて、映画には、
本を出すのとはちがったかたちの「出会い」が起こるわけですね。
3週間、怖くもあるけれど、たのしみでもあります。

で、これから、ハードスケジュールになって
余裕がなくなりそうなので、
東中野での上映が終わるまでのあいだ、
「答える&日録」の連載は休みます。
そのかわりに、宣伝スタッフによる上映レポートが載ります。
ぜひ、みなさんもコメント入れてください。

ポレポレ東中野には、トークのある日以外も、できるかぎり、
わたしか福間恵子のどちらかが行っているようにします。
『岡山の娘』に会いに来てください。
では、ポレポレ東中野で。
                             福間健二

18
11月
2008

東京公開初日!

ポレポレ東中野でのレイトショー、
いよいよ今夜からです。

上映期間は、3週間(12月5日まで)。
毎日、午後9時からスタート。
終了予定は、
監督とゲストのトークのある日は、午後11時ごろ。
トークのない日は、午後10時45分ごろです。
前売券の方も、当日券の方も、
整理券の番号順による入場になります。
トークは午後9時から(上映の前に)行ないます。
トークのある日は、どうぞお早めに。
近くの方も、遠くの方も、
みなさん、ぜひ足を運んでください。

15
11月
2008

福間健二の、質問に答える&日録 10

2008.11.3〜11.10.

11月3日(月)
チャンネルネコで『海女の戦慄』(志村敏夫監督・1957)を見る。
何度も見ている、大蔵貢社長時代のいかにもという新東宝作品。
肌を露出する前田通子、三ツ矢歌子、万里昌代がいいというよりも、
セットなどの安っぽさに妙な漫画的味があるのだ。
小坂一也の主題歌、マッチを折る癖のあるチンピラ、
鬼の岩太という気のいい敵役などを、今回は意識した。

斉藤環の『文学の断層 セカイ・震災・キャラクター』という本を読む。
ヤンキー文化、サブカル文化、おたく文化が、
今日の若者文化の三つの極であり、そのなかで
ヤンキー文化がいちばん動員力をもつそうだ。
レピッシュ(児戯的、「破瓜病」の特質を示す言葉)、
リアリティ的リアリズム(リアルに感じられるからリアリティがあるとする)、
メタリアル・フィクション(批評の言葉で書かれたフィクション)
などについて学習してしまった。
『おくりびと』を見てきた妻と、また『おくりびと』の話。
モッくんは日本のトニー・レオンだと妻は言うが、どうだろうか。

111月4日(火)
大学祭で、授業は休み。
午前3時起床。フルスロットルの読書マシーンとなって、
切通理作『増補決定版 宮崎駿の〈世界〉』(なんと620頁もある文庫本)
平岡篤頼『記号の霙』(すごくおもしろかった)、
荒川洋治『読むので思う』(「ひとり角力」という大道芸があったことを知る)
の三冊を読む。

雑誌「シナリオ」来る。
『岡山の娘』が『ハッピーフライト』と対でならんでいる。
シナリオの校正、甘いところがあって、反省。
生きる上での、別なことでも、甘いところがあって、反省。
午後、服部歯科。定期点検。あと二回行くことになってしまった。
ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーの
処女長篇『愛は死より冷酷』(1969)を、DVDで。
「15歳のときに父を殺した」
主筋とは関係ない列車の女性がそう語りはじめたのに、いちばん驚いた。
ついでに短篇の『都会の放浪者』(1966)と『小カオス』(1967)も見る。

11月5日(水)
昼は、原稿。
夜は、吉祥寺で足立正生・沖島勲の両先輩と飲む。
行こうと思っていた店が休み。
じゃあ、こっちにするかと思って行った店はずっと前に消えていた。
で、いま風の、ここに名前をあげる気にならない店に行く。
三人で飲むのは、36年ぶりだろうか。
話(「企業秘密」で、省略)は尽きないのであるが、足立さんは先に帰り、
そのあと、沖島さんと二人で行ったレトロ居酒屋「半兵衛」が、おかしかった。
パン耳揚げ(60円)なんてメニューがある安い店。
働いている女の子たちが可愛くて、
なぜかわたしたちの近くの席にいる女の子たちもみんな可愛い。
で、二人とも徹底的に飲んでしまった。
吉祥寺駅で別れたが、沖島さんがちゃんと帰ったかどうかが心配だ。
家に帰ると「キネマ旬報」があった。
インタビューも二つの批評も、『岡山の娘』を
しっかりと受けとめてくれたもので、とてもうれしい。

11月6日(木)
授業三つを無事にやったあと、
MOVIX橋本で前田哲監督の『ブタがいた教室』を見る。
26人の生徒をちゃんと撮っている。ツマブキもいい。
そして、こっちもいつのまにか参加しているような終盤のディスカッション。
ということは、いい映画なのだ。

111月7日(金)
5日の朝に撮影し、そのあと、カメラを、
マンションの屋上(うちの専用スペースに部屋から上がることができる)の
椅子に置いたままにしていた。
そして昨夜からは雨である。
しまったと思った。でも、カメラは動いた。撮れたのだ。
おれの可愛いDCR-HC40、えらいぞ、と頬ずりしたくなった。

午後6時、飯田橋の「歴程祭」の会場に行く。
北川透さんが『中原中也論集成』で歴程賞を受けたのだ。
北川さんは、スピーチの最後に、『岡山の娘』のなかと同じように
中原中也の詩を暗唱で朗読した。
すてきな若い女性が二人いたので、
『岡山の娘』のチラシを渡そうと接近したら、
なんと北川さんのお嬢さんたちだった。
去年はここで歴程新鋭賞をもらった三角みづ紀さん、
撮影班の腕章を付けて、カッコよくシャッターを切っていた。

11月8日(土)
国立市公民館の「詩のワークショップ」。きょうはゲストなし。
受講者の課題作品(「わたしにとって詩とはなにか」を作品にしたもの)
を読んだあと、連詩・対詩の例として、
三木卓・高橋順子・新藤涼子『百八つものがたり』
(連詩の作品でこれ以上のものはないというのが、わたしの持論)、
そして高貝弘也・福間健二「夏の旅」を読む。

午後7時から、新宿の「栄寿司」で
北川透さん、藤井貞和さん、瀬尾育生さんと飲む。
首都大学東京「現代詩センター」の機関誌として
四人の書く雑誌を出す。
そのための顔合わせ。あとは、いちおう「企業秘密」。
11時ごろ、国立に戻ってきて「利久」の前を通ると、
妻やワークショップの何人かが中にいるのがわかった。
中に入って、また詩の話。
朝から晩まで詩について考えた。
しかし自分は映画青年ではあっても文学青年ではないと意識しながら。

11月9日(日)
午前5時すぎに起き、羽田8時45分発のJAL便で松山へ。
詩人の堀内統義さんが空港に迎えに来てくれた。
愛媛の県民総合文化祭の「現代詩大会」の講師として招かれたのだ。
〈詩はときに慰安の場所を提供してくれる〉(詩人B氏の発言)。
講演、オープン・ディスカッション、ショートスピーチと朗読で、
あっという間に、たのしい午後の時間がすぎていった。
詩のわからなさに対してどう向かうのか、という質問に、
〈だれもが存在としてわからなさをかかえている。
そのわからなさと詩のわからなさが出会うということもある。〉
と答えることができたのが、
わたしにとっても大きな収穫であった。

カコアというNPOをやっている田中教夫さんと会場で会い、
松山での『岡山の娘』上映への協力をお願いした。
そのあとは、ホテルでの、おいしいディナー・パーティ、
そして夜の街に出てのバータイム(大好きなアイラ島のウイスキーを飲んだ)。
映画の上映準備でバタバタしている日々から
こういう場所に来て、謝礼もいただき、なにかバチが当たりそうな気がした。

11月10日(月)
暗いうちに目が覚めた。
ホテルの部屋に置いてあった漱石の『坊っちゃん』を読みだしたら、
おもしろくてやめられなくなった。
でも、松山への挨拶のしかた、
もう少しなんとかしてもよかったのではないですか、金之助君。
朝食後、一時間半ほど歩いて、松山の街を肉眼で撮影する。
地方都市はだいたいどこでも好きになるが、松山も気に入った。
堀端の木々。紅葉しかけているのもあって、きれいだった。

午前10時、堀内さんに車で向かえに来てもらい、
愛媛詩話会事務局をやっている森原直子さんと三人で内子方面へ。
目ざしたのは、大江健三郎さんの生家のある内子町の大瀬。
森も、谷間も、通りも、そして学校も、すばらしかった。
堀内さんの話でいろいろなことがわかり、
大江文学に熱中した高校時代のころの感覚がよみがえってきた。
内子町は広く、からりという「みちの駅」とフレッシュパークのある場所、
そして観光名所の内子の街並みなどに寄ってから、高速を通って、
ぎりぎり午後4時35分の飛行機
(なぜかJALが都合わるくなって、ANAに変更)
に間に合うように、送ってもらった。
おみやげは、からりで買った竹の子芋と空港で買ったじゃこ天。
松山のみなさん、ほんとうにありがとう。
愛媛って、ラブリー・ガールという意味なんですね。

15
11月
2008

メディア情報

『岡山の娘』の批評などが以下のメディアに掲載されました。
どうぞ読んでください。

「現代詩手帖」11月号    作品評(原將人)

「映画芸術」 425号   インタビュー(聞き手/金子遊)
              作品評(那須千里)

「シナリオ」12月号    『岡山の娘』シナリオ掲載
             インタビュー(聞き手/塩田時敏)

「キネマ旬報」11月下旬号  インタビュー(聞き手/切通理作)
             作品評(石原陽一郎・暉峻創三)

「STUDIO VOICE」12月号 作品評(川本ケン)

「朝日新聞」11月7日夕刊  紹介記事
            

10
11月
2008

福間健二の、質問に答える&日録 9

 2008.10.27〜11.2.

10月27日(月)
夢のなかで。
新東宝(1961年につぶれた映画会社)の世界のような、
そして新東宝映画をやっている映画館のある街を
歩いていることが、よくある。けさも、
石井輝男の『黒線地帯』と『女体渦巻島』と
あと一本(奇天烈なタイトル、忘れた)
をやっている映画館の前に立っていた。
早朝割引で入りたいのだが、開館までだいぶ時間がある。
どうしようかと迷っているうちに、
なぜか東北からやってきた若者と親しくなって、
彼のセピア色の青春のなかに紛れ込み、
警察か犯罪組織かよくわからない「敵」から逃げまわっていた。

ヴィスコンティの『白夜』(1957)をDVDで。
オールセットで、いい画面を要領よく作っているが、
ドストエフスキーの原作を使っていることが活きてこない。
帰ってこない恋人を待つ女性に恋をした男の物語ということなら、
鈴木英夫監督の『二人で見る星』(1948)の方がずっとおもしろい。

去年の話題作『鉄コン筋クリート』を、ケーブルのムービープラスで。
おれの街をどうするんだとか、子どもがまじめにものを言いすぎて、
話がウルトラすぎる。
その前に、結局、わたしはアニメの見方がわかってないのかもしれない。
松本太陽の原作。実は、この原作をベースにした
瀬々敬久監督の『牝臭 とろける花芯』(1996)というピンク映画があって、
その方がずっとおもしろい。

10月28日(火)
例によって、授業四つの日。
1時限目、ゴダールの『小さな兵隊』『女と男のいる舗道』『気狂いピエロ』
『彼女について知っている二、三の事柄』を、一気にやった。
2時限目、ヴィスコンティの『郵便配達は二度ベルを鳴らす』と『揺れる大地』。
後者のどこを一時停止して見せても、
名画のようになっていることにあらためて驚く。
この授業、「高校生の体験学習」ということで、
可愛い女子高校生(なぜか男子はゼロ)が6人も来てくれた。
はりきってやったのは、もちろんだ。
実は、『岡山の娘』の西脇=みづきがいちばんアピールするのは
高校生たちなのではないかという説もある。
しかし高校生たちに作品の存在を知らせる方途がわからない。
そうだ、このチャンスを逃すまいと思って、
授業のあと、女子高校生たちにしっかりと宣伝し、協力をお願いした。

3時限目、藤井貞和さんの詩を読む。
藤井さんの作品〈「『清貧譚』試論」補遺〉に出てくる
太宰治の短篇「清貧譚」を読んできてくれ
と言っておいたのに、読んできた学生は、12人中2人。
文句は言わない。
ただ、「清貧譚」の筋とおもしろさを、読んできた二人とていねいに確認した。

5時限目の「楽しい映画文化史」は、映画の誕生直前の、「動く絵」の展開。
なぜかヨーロッパにとって異郷的な名前の装置が考案されていた。
ゾーイトロープ、フェナキストスコープ、ソーマトロープ、プラクシノスコープ、
そして競走馬の分解写真を撮ったE・マイブリッジのズープラクシスコープ。
そして1888年、G・イーストマンによる
感光紙製ロール・フィルムを使ったカメラ「コダック」の登場まで。

はなまるうどん(大好き!)を食べてから、ポレポレ東中野へ。
城定秀夫監督の『デコトラ☆ギャル奈美』を見る。
『岡山の娘』のみづきは、母の残した借金に対して、自己破産の選択をするが、
奈美ちゃんは、父の残した借金を返すために必死に働くのだ。
つよい女、やさしい男(吉岡睦雄、よかった)、天使的存在、
そして最後の「奇跡的飛躍」(松江哲明)。
なんとこれはわたしの好きな映画の要素が効率よく、
グズグズしないで、そして冒険的にくりだされる快作だ。
城定監督、松江哲明さん、漫画家の花くまゆうさくさん、そして司会は
SPOTTED PRODUCTIONS の直井さんの、上映後のトーク。
それを聞きながら、
処女作『味見したい人妻たち』(2003、ピンク映画)を見て以来、
城定秀夫作品を見ることがなかった自分の不明を恥じた。
その間に、彼は製作条件の悪化するVシネマの荒野で35本も撮っていたのだ。

10月29日(水)
「映画芸術」秋季号。
表2の『岡山の娘』の広告、しっかりと目立っている。
自分のインタビュー(聞き手・金子遊)と
那須千里さんという人の『岡山の娘』評を何度も読む。
季刊誌に、タイミングよく、こういうふうに取り上げてもらえたのも、
関係者のおかげプラス『岡山の娘』はツイている、なのだ。
ほかの誌面では、古谷利裕さんの『アキレスと亀』評にとくに感心した。

夜、アヤコちゃん・コーちゃんの若いカップル、遊びに来る。
アヤコちゃんは、野口整体での知り合いだったが、
なんとこの夏、マカオから帰る途中の台北空港で、
半年のインド滞在から戻る二人と偶然に会ったのだ。
コーちゃんは『青春伝説序論』を見たという貴重な存在でもある。

10月30日(木)
木曜日の午前の授業は、二つとも同じ内容の「実践英語」。
その日のデイリーヨミウリの一面と、
マクルーハンのメディア論を読んでいる。
今日読んだマクルーハンは、
〈演習の授業よりも講義が、対話よりも本が、
「参加度」の低い、つまりクールなメディアだ〉から、
〈フロイトの言う「検閲」は、道徳的な働きであるよりも、
経験を受け入れすぎてパンクするのを避ける防御のためだ〉へと
一気に展開した。
午後、3時限目は大学院の授業。
詩と映画。それぞれの「戦後」を考えようとしている。
鮎川信夫の詩を読んだ。
わが友瀬尾育生の二十代の仕事である『鮎川信夫論』の凄さに、
いまさらながら圧倒されている。

橋本MOVIXで滝田洋二郎監督の『おくりびと』。
たぶん出来すぎといっていいくらいの脚本に、
文句なしのキャスティング。
そして滝田監督の、すきのないショットの重ね方。
安易に人を死なせている作品の作り手たちを恥じ入らせるような、
日本映画に久しぶりにあらわれた「まともな映画」である。
こういう映画が一方にあってくれたら、
安心して「こわれた映画」を作っていけるというものだ。

自主映画の拠点でもある明るい居酒屋「木乃久兵衛」で、
スイスから戻ったばかりの写真家十字和子さんと妻の三人で飲む。
途中、アラブ問題でわたしと十字さんがちょっと激論。
現地に行って見て感じてきている彼女に対して、
わたしはエドワード・サイードの受け売り。
分は悪いが、たまには、押しても倒れない人を相手に
思い切り意見を言ってみたくなる。
そのあと、「木乃久兵衛」の近くの、伝説的居酒屋「月家」に妻と二人で。
いつも国立市東で飲んでいるが、西にもいい店があるのだ。

10月31日(金)
『おくりびと』の滝田さんのショットの「つなぎ方」には酔わされたが、
主にMTVで見ているPV(プロモーション・ヴィデオ)で、
ときどきハッとするような「つなぎ方」に出会う。
最近は、マイリー・サイラスの「7 things」がおもしろい。
バンドの前で歌うマイリーの姿が、同ポジで、いろんな女の子と変わってゆく。
トッド・ソロンズの『終わらない物語』を瞬間的にやっている感じだ。

古川日出男『ボディ・アンド・ソウル』を読む。
これが小説になるのなら、この日録だって小説になる。
わたしも古川日出男のような「書く機械」になることを夢見たこともあった。
いや、いまも〈熱烈に/夢見ている〉(鮎川信夫)。

11月1日(土)
国立は、今日から天下市というお祭り。
春のサクラのころとこの時期、なにかソワソワしてしまう。
同僚でアメリカ文学者の野口肇さんと「奏」で飲む。
学生時代にバスでアメリカ中をまわった話。
野口さんの専門であるアメリカ南部の女流作家フラナリー・オコナーの話。
日本のいろんな文学者が行っているアイオワの話。
宮大工で町工場も経営していたお父さんの話。
「大学教師になったのは……」という、ここには書きにくい話。
などなど、話は尽きず、ビールをしっかりと飲んだ。

野口さんが帰ったあと、「萬笑」に遊びに行って、
まかないのハヤシライスのお相伴にあずかった。
今日の「萬笑」は、お祭り態勢というわけでもないだろうが、
アキさん、イヅミちゃん、そしてアニメをやっているゲンちゃんもいた。
それからまた「奏」に戻る。
今日の「奏」は、完全にお祭り気分。いつのまにか眠り込んでいた。

11月2日(日)
国分寺の母のところに。
庭仕事のあと、庭の写真を撮った。
国分寺から直接、富士見通りの美容室「メッセ」に
車で送ってもらって、髪をカット。
祭りでにぎわう街を、歩いて横断して帰ってきた。

見逃していた井口昇監督『片腕マシンガール』を、
送ってもらったサンプルDVDで見る。
ロドリゲスやタランティーノとは「運動」の方向がちがうと思った。
アメリカ資本ということでの企画の自由さに、堰を切ったように
出てくる井口監督のアイディアを実現しようとする
スタッフ・キャストのがんばりが伝わってくる作品だ。
最初の5分間の印象がすごい。見終わったあと、
フラナリー・オコナーの短篇「善人はなかなかいない」の最後のセリフ、
「人生に、ほんとの楽しみなんかあるものか」が頭に浮かんだ。
人をひとり殺したあとで、脱獄囚の男がそう言うのだ。

04
11月
2008