Mac miniサーバの運用開始


昨日に続いて、webサーバ運用の準備。
うまくいかなくて、あきらめていたOSXvnc(Vine Server&Vewer)をもう一度ダウンロードからやり直してみたら、普通に動いてくれました。よかった。
セキュリティ向上のためにウィルス対策ソフトを購入&インストール。今回は、調べてみて、動作が軽いという評判が多かった、Virus Barrier X4を選択。eg bridgeのシリアルでの優待価格があるというのも大きかったっす。試してみて問題なければ、MBPにも使おうかと。ということで、最低限のところは解決。
現行サーバからファイルサーバ経由でデータを移行して、ローカルで動作確認。現行サーバを停止して、Mac miniの内部IPを固定、CTUの設定を変更して、ポート80へのリクエストをMac miniへ振り分ける。外からテストして無事見えるので、そのまま運用開始。
Apacheのaccess logを見ててもMac miniへは、ほとんどアクセス無いので、今のところリソースも余裕。それにディスク容量も大幅アップです。(ハードディスクとバックアップ構成どうするか考えないといけないけど)
デスクトップ2台をMac miniに、メインマシンもデスクトップからMBPに、という移行が完了。なんというか、静かになりました。今まで気にならんかったLANDISK Teraのファンノイズが聞こえるようになりましたが、まぁ微々たるもの。この上、消費電力も削減できてるわけだから、すごくお得。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です