かなしいメール


とあるHP上で私がストリーミング配信用に制作した音源、

  1. ジングル2種類
  2. ジングルにアナウンサーとその場にいたスタッフ全員でタイトルを読んでいる(叫んでいる?かも、笑)音声がついたもの2種類
  3. 企画へ協賛してくれた企業等を紹介するBGM付きの提供読み1種類

の計5音源が単体(ストリーミング配信のアーカイブとかの形ではなく、ジングル等の音源のみ)の形で公開されていた。


公開されていたHPはストリーミング配信をしたイベントの主催団体というかイベントの公式ページ上。そのページ制作をしている&企画部分に携わっている方は、そのころ何年間も一緒にストリーミングとアーカイブの企画で中心的になって活動していた方で、つまりは知り合い。

問題点を整理すると、

  1. サイト上で公開するにあたり著作者(私)に承諾のための連絡がなかった。
  2. 音源の中にプロで仕事をしているアナウンサーを含め数多くの人の音声が入っている。その実演者(著作隣接権者)へも承諾の連絡をしていない。
  3. 制作当時とは、違った使われ方(ストリーミング配信中でのジングル等として作ったものが単体で公開されている)をしている。

といった所だと思います。

この中で、特に問題(不満も含む)だと思うのは、簡単に連絡がとれるのに、一言も連絡・確認がなく公開されているということ、実演者の中にはプロのアナウンサーが含まれ、その承諾もとってないため、収録を行った私に対してクレームがくる恐れがあり、そのときに対応がとれない事態になるということの2点。今のところ私の著作権・版権を、ことさら主張しようとは思わないのだけれど、ともかく音声が入った音源については、まずいので、「音声付きの音源については公開を停止して欲しい」ということでHP制作している知り合いにメールを送った。

そして、それに対する答えが返ってきたのだが、メールを公開するわけにはいかないので、内容をまとめると以下の通り。

  1. 掲載内容は実行委員会で決めたことなので自分の一存で削除はできない。
  2. 非営利で行っている活動(団体)のHPなのでアナウンサーから来るかもしれないクレームの意味が解らない。
  3. (イベント名)を冠して制作されたものであるため、(イベント主催団体側に)著作の権利・帰属権・行使権があるものと考えるので、曖昧な権利主張をされても困る。
  4. (付け加えとして、)新HPの運営は正式にアナウンスしていない。アナウンスするのはポスター・チラシ等でアドレス配布をする今月下旬からです。

等々、という主張。その上で「お手数ですが、あなたからアナウンサーさんに説明・確認を取ってください。その上でアーカイブという形での公開に承諾できないと言われたら削除します。」とのこと。

#上記文章でこれを読んだ方に、勘違いがあってはいけないので、補足。
基本的に著作権は著作を制作した人(楽曲の場合、作曲・編曲等をした人)の物で制作依頼者のものではない。今回の件に関しては、ストリーミング配信した団体とイベント主催は別団体で、ストリーミング配信内での利用について、ストリーミング配信を行った団体に使用権は認めている(自分が配信側の人間でもあるので厳密に使用許諾書とか交わしているわけではないが)。つまり、厳密に言えばイベント主催団体には使用権すら認めて無い。
webサイトは誰でもがアクセスできるアドレス(サーバ)にデータを置いた時点から公開と見なされる。
ちなみに今現在googleで検索すると3番目に表示されます。

と、突っ込みどころはいっぱいありますが、ようは私が言いたいのは、イベント主催に関わったり、著作物を制作する側にいる方(団体)なのに、あまりにも著作者・実演者に対する配慮がない。また、その権利関係問題への知識も意識も無い。ということ。
今回の場合、アナウンサーさんからクレームが来たとしても、そこで莫大な金銭を要求されるとか、という事態は私も想定していないし、実際にないと思われるのです。そういったことを論点にしているのではない。そういった、クレームが起きないように配慮しながら物事を進めて欲しいと言うことなのに。
なにをしていてもそうですが、話が通じないときの悲しさほど後味の悪い物はない。

こちらの落ち度としては、以前この方にイベント記録ビデオの制作に使うということで、音源を渡してしまったということですね。orz
なんというか、この方に対して、こちらの言いたいことを伝えれる自信がない…。
これほどの悲しいメールを受け取ったのは、ほんとに久々です。(涙

無断公開から返信内容までで、内心はブチギレで自分の著作権を行使してでも削除依頼をしたいぐらいなんですが、知り合いですし、争いごとは嫌いですし(心が荒むから)、このイベント事態は好きなので、自分を殺して、ひとまずアナウンサーの承諾を得るという作業をするしかないかな。と。(これも、なんでこっちに作業を振るんだ?って話もありますし、公開を止めてから確認とるのがスジだろうとも思うが)
なので、自分のブログぐらいでは言いたいことを言っておきます。(笑

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です