Netbookをubuntuで快適に


Netbook lenovo s10eを2年ほど使っているのですが、Windows XPで使っていても、ブラウザやEvernoteなどWebやクラウド系アプリケーションでもかなりストレスがたまる状態。
思い切ってubuntuのネットブックエディションに切り替えてみました。
そのメモのエントリーです。

前提として、ネットブックは打ち合わせ・会議・シンポジウムな場所で、調べ物・メモ・twitterをするという用途を想定しています。つまり軽いアプリを軽く使えれば、おkってこと。

1、ubuntuのダウンロードとインストール

Ubuntu Japan Teamのサイトで最新版のubuntuのディスクイメージをダウンロードしてCDに焼き付けます。(今回は10.10を使ってます。)
ディスクができたら、CDからブートしてインストール作業。lenovo s10eの場合はHDD内にパーティション切ってあってXPの初期イメージが入ってるので、一応カスタム設定でXPが入ってる領域だけをフォーマットしてubuntuをインストールしました。

2、セットアップとネットブックエディションでの起動

インストール後アカウント情報を任意に設定。起動します。しかし、ubuntuのジャパンRemixでは、起動時にデフォルトでネットブックエディションを選べません。
端末を起動して、コマンドラインでsudo taskselを実行します。tasksel画面上でNetbookEditionにマークをつけて実行。これで起動時にネットブックエディションが選択できるようになります。

3,作業環境を作る

インストールしたアプリ一覧

evernoteは公式アプリが欲しいところ。Nevernoteで機能的には問題ないですが、ちょっと重たい。。
twitterはブラウザ上で、Hootsuiteを利用。デフォのアプリでブロードキャストにtwitterアカウント設定するのもありです。
ひとまず、これくらいで使いつつ要す見てみます。少なくともブラウザ作業は格段に早く快適になりました。このログもubuntuなネットブックから投稿してます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です