COMMAND BAND PARTY@DESPERADO


昨日のCOMMAND BAND PARTY@DESPERADOに出演してきました。

以前のログにも書いた通り、リーディングパフォーマンス(?)ウロボロス高校第三演劇部会計係としての出演でした。大朗読という朗読イベントから3組出演したなかの1組という位置づけで年末ライブのステージ上でいきなりリーディングのパフォーマンスが始まるという、なんとも不思議でおもしろい企画になっていたと思います。ウロ高三劇は、男の子2人、女の子1人の構成で、学生服(風)&セーラー服コスの上、僕は白髪カツラ、後の2人は白塗りに目の回りが黒いパンダ顔というインパクト絶大な構成でのぞんだわけです。序盤ではあったけど、開演から二時間近くたっての出順だったので、お客さんもノリノリでステージに出てマイクセッティングしてる状態ですでに声が飛んでくるという。(笑)パフォーマンスへの反応もよくて、こちらも想定以上にノリノリでやってしまったほど。そして、なんかすごく気持ちよいステージだった。たぶん自分のポジションがリーディング的には重要ではない(コーラス的なポジションとでもいうか…)というのと、SEの担当部分も前回経験してるという、背伸びをしなくても良い状態と、お客さんの数とノリという相乗効果かな。
一年の終わりに良い経験を残せたYo!

出番が終わって、ロック&ブルースのステージも堪能してきました。ベテラン勢のステージはどれもさすがという感じ、安心して楽しめる。それにデスペ久しぶりだったけど、随分音が良くなってた気がしたなー。バランスも音の抜けもよかった。赤田さんとかHojo-handさんと対バン(こっちはバンドじゃないけど、笑)ってのもすごく不思議な感じもしつつ、23時ごろには会場から出ました。

COMMAND BAND PARTYステージ風景

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です