レイルウェイ運命の旅路【岡山映画祭2016上映作品】

公開年:2014年
監 督:ジョナサン・テプリツキー 
出 演:コリン・ファース、ニコール・キッドマン、真田広之
日 程:2016年11月6日(日)13:00〜(上映後=クロージングトーク「今、受け継ぐもの」あり)
会 場:岡山市立オリエント美術館 〒700-0814 岡山県岡山市北区天神町9-31

写真:©2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland
Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia

数十年の時を経て憎しみを超えて築いた絆

かつて、タイとビルマを結んでいた「死の鉄道」こと泰緬鉄道。その建設に駆り出された捕虜で元英兵=エリック・ローマックスさんが体験した過酷で悲しい物語が70年以上たった今、語られる。ひとつの歴史的事実が、満田監督作品「クワイ河に虹をかけた男」では、通訳永瀬さんの視点から。本作ではエリックさんの視点で描かれる。上映後は、満田康弘監督によるトークを予定。
(上映企画スタッフ:河内裕隆)

映画『レイルウェイ運命の旅路』Webサイト

岡山映画祭2016入場券 販売情報はこちら

About The Author

staff