高レベル放射性廃棄物等の持ち込み拒否に関する条例(案)


【目的】
第一条 この条例は、核燃料サイクル関連施設による放射能の影響から県民のいのちと生活を守り、農林水産業の安全を確保することを目的とする。
【定義】
第二条 この条例において「高レベル放射性破棄物等」とは、原子力発電所から発生する使用済み燃料や使用済み燃料を再処理する過程で生まれる放射性廃棄物をいう。
【基本施策】
第三条 県は、高レベル放射性廃棄物等の最終処分場とそれに関連するすべての施設の建設を拒否する。
    2 県は、高レベル放射性廃棄物等処分のための研究施設の建設を拒否する。
    3 県は、いかなる場合も高レベル放射性廃棄物場度の県内持ち込み及び通過を拒否する。
【立場の公表】
第四条 県は、第1条の目的達成のため、国及び関係機関に対し、第3条の基本施策を通告し、その立場を明らかにしなければならない。
第五条 この条例の施行について必要な事項は、規則によって定める。
   附則
この条例は、公布の日から施行する。

コメントを残す