この会について


 私たちは、「岡山県に放射能のゴミはいらない!」という願いを持つ市民の集まりです。 1989年10月に結成されました。
 1990年6月中旬から、地方自治法の直接請求権に基づき、「岡山県に高レベル放射性廃棄物はいらない」という県条例の制定を求める運動を展開しました。 これが会の名称の由来です。この運動には多くの人が賛同・参加し、わずか2ヶ月の間に集まった34万6500人(県内有権者の4分の1)もの署名は、 11月5日に臨時県議会を開催させることになりました。残念ながらこの条例案は、否決されましたが、私たちは、その後も継続的に「放射能のゴミ」に関する問題について注意深く見守り、調査・提言などをしています。
 私たちは、会員(個人、団体)を募集し、その会費で会を運営しています。代表者は置かない、会員一人一人からなるNGOです。各会員の自主性を大切にし、月一回の事務局会議で話し合いをして活動内容を決めています。また隔月で会報「県条例を求める会ニュース」を発行し、会の活動や放射能のゴミに関する情報を会員に伝えています。
 未来をになう子どもたちのために、みんなで一緒に「放射能のゴミはいらない!」という声をあげていきませんか。

コメントを残す