止めよう再処理!10・13全国集会に参加。

10月13・14日と青森市及び、六ケ所村で行われた、集会へ参加してきました。初めての青森&六ケ所村訪問含めてのレポートをお届けします。

13日14時から青森市内の青い海公演で集会が始まりました。北海道から沖縄まで全国から再処理を止めよう!と、多くの方が集まっていました。

会場では、六ケ所村ラプソディーに出演されている、菊川さんや山内さんもいらっしゃり、お話しをすることもできました。菊川さんは村内での植樹を企画されているということで、チラシもいただきました。
集会に続き、青森市内へデモ行進開始。

岡山と比べると冬に近いような気温の中、市内を30分ほどかけてデモ行進。ピアニカとか持っていけば、もう少し楽しい雰囲気でできたかな?とも思いつつ、写真撮りながらだったので手いっぱいでした。
そして、デモ行進が終了して学習会へと続きます。

メインの講師、フランスのラ・アーグ再処理工場の周辺でNGOとして放射能についての環境調査活動をしているACROからアントワーヌ・ベルノランさんのお話が印象的でした。市民の立場でありながら、水準の高いサンプリングと計測を行えている点。多地点での定点観測で影響の分析とデータ蓄積を行っているため、工場の稼働状況と日常の放射能汚染についての監視機能を話している点。市民の参加によりサンプリングなどが行われて、データも共有されている点。などすばらしい取り組みであると同時に、再処理工場の日常的な放射能汚染が立証されているという怖さを改めて実感しました。立ち上げや、これまでの運営についてもう少し詳しく伺いたいところでしたが、時間が詰まっていたため、質問時間などが削られてしまって、ちょっと残念でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です