止めよう再処理!10・14現地抗議集会に参加。

10月13・14日と青森市及び、六ケ所村で行われた、集会へ参加してきました。初めての青森&六ケ所村訪問含めてのレポートをお届けします。

青森市内からバスで2時間かけて六ケ所村再処理工場前まで移動。正門前の広場を使っての集会から始まりました。

写真右側の高い方の煙突が再処理工場本体の物だそうです。
自然豊かな北の大地に放射能をばらまく工場が唐突に現れます。

現地集会の様子です。参加者が持っているのは風船。この風船に調査はがきを付けて飛ばします。
風船を受け取った方にはがきを返信してもらって、実際の風の流れ(放射線の飛散のシミュレーション)を調査するということです。

私が飛ばした風船とはがき。どこまで飛んでいくことでしょう…?
ちなみに風船とはがきは環境に負荷のかからない物を使用しているとのことです。

合図に合わせて風船を放ちます。六ヶ所の空に飛んでいく風船がとてもきれい!ですが、放射能も同じように飛んでいくのかと思うと複雑な気持ちです。
そして、場所を移しての六ケ所村内のデモ行進。

秋空の下、六ケ所村の中を歩きました。風景といい空気といいすごく気持ちいい行進でした。

デモ行進を終了して再び青森市内へ帰るバスの中から、再処理工場の周辺に広がる風力発電用の風車を撮影。
自然の恩恵を無理の少ない形でエネルギーに変えるものと、放射能という汚染を出し続ける物が共存しているというのに違和感を感じながら、再処理工場が本格稼働しないことを祈りました。
また、六ケ所村まで行きながら、村の方との交流や村での滞在がゆっくりできないことが心残りでした。再処理工場を止めても、六ケ所村の方たちが幸せに暮らせるように考えたり、一緒になにかしていくということも、とても大事だし、なによりも日本中で使っている電気の問題を押し付けたままで放っておくということは、やはりしてはいけないなと改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です