民主党代表選挙

2010年9月15日

私も党員として1票を投じていた。開票の様子はインターネット中継の事務所のパソコンで見ていた。選挙期間は結構長かった。もっと短くても良いのではないか。この間に政治が変わることはなく,まさに政治空白で停滞した期間であった。しょせん,内輪のコップの中の争いにしか過ぎないからである。しかし,選挙の結果は,古い自民党的なものからの脱却への動きを促すものであった。本来の民主党を取り戻していく力となっていくと思われる。

動きの方向性はみえたはずである。躊躇無く,その動きを大切にしてもらいたいと思う。与党にある民主党は,当面,党が分裂するという方向には動かないようである。これが与党の強みなのであろうか。選挙期間中に競われた二人の政策が一つ一つ,その実現に向けて動き出す力強さをみせてもらいたいと思っている。これからが,その真価の問われる政権にとっても正念場を迎える。頑張って欲しい。

小沢さんの最後の演説に有名なフレーズが2つ織り込まれていた。一つは,キング牧師の「私には夢がある」であり,もうひとつはケネディ大統領の就任演説のなかででてくる「たいまつを引き継ぐ」である。最初の部分と締めのところを有名な演説の一部を意識的に引用したのではないか。歴史の重荷とそれを変革していく希望の中で発せられた「私には夢がある」との言葉の響きと,小沢さんのおかれた状況のなかでの引用とはそぐわない違和感を感じてしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Links

Calendar

  • 2018年9月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930