【装画を描きました】『歩けば俳人』


わたなべじゅんこさんの『歩けば俳人』の装画を担当させていただきました。

表紙にでっかい猫さんがいて…
表紙
 
裏表紙にも猫さん。
裏表紙
 
カバーを取ると下駄の柄。
カバーを取ると…
 
『歩けば俳人』は俳句以外で有名な作家の俳句作品を鑑賞する評論集です。
たとえば、竹久夢二についてこんなふうに書かれています。

……あくまでも印象、の話である。なのであるが、夢二ってマザコンじゃない? そうでないとあんな絵かけないよねえ?

ええ、わかります。わたくしもそのように思います。
じゅんこさんは夢二disを共有できるひとだ……。安心して「黒船屋」パロディを描きました。
 

 
『歩けば俳人』、お買い求めは邑書林のオンラインショップからどうぞ。
 
わたなべじゅんこ『歩けば俳人』